5 韓中日文化相が仁川で会合 今後10年見据えた協力拡大で一致詳細を見る | 投資ニュース | InvestKOREA(JPN)
本文のショートカット メインメニューのショートカット

Invest Korea

検索
検索
※ 以下のボタンをクリックすると、カスタム情報検索サービスが利用できます。
カスタム情報検索サービス

投資ニュース

  • Home
  • 情報センター
  • 投資ニュース
韓中日文化相が仁川で会合 今後10年見据えた協力拡大で一致
作成日
2019.08.30
ヒット
515

聨合ニュースによると、


【仁川聯合ニュース】韓中日3カ国による第11回文化相会合が30日、韓国・仁川で開かれ、韓国の朴良雨(パク・ヤンウ)文化体育観光部長官、中国のラク樹剛文化観光相、日本の柴山昌彦文部科学相が出席した。

3カ国は今後10年を見据え、北東アジア地域における文化分野の交流・協力を発展・拡大させていくことで一致した。

3カ国は、この10年間にわたり相互尊重と互恵を原則に文化の多様性を増進させ、東アジア地域の平和構築に寄与してきたと過去の会合を評価。

これを基に、向こう10年間の新たな文化協力策として青少年間の交流策と第4次産業革命時代の到来を受けた文化協力策を設け、取り組んでいくことで合意した。

また、2018年の平昌冬季五輪、20年の東京五輪、22年の北京冬季五輪と3カ国で続けて五輪が開催されることを機に、平昌大会のときのような共同の文化プログラムを実施し、継続的に協力を深めていくことで一致した。

あわせて、この間の各国の国立博物館、国立美術館同士の協力を高く評価するとともに、民間芸術機関の間の交流・協力も奨励していくことにした。

韓中日の文化相は、会合の合意内容をまとめた「仁川宣言文」に署名した。

共同宣言文への署名に続いて「東アジア文化都市」宣布式が行われ、20年の文化都市に韓国の順天市、中国の揚州市、日本の北九州市が選定されたことが発表された。

この日午後には3カ国による第9回観光相会合が開かれ、韓国から朴良雨氏、中国からラク樹剛氏、日本から石井啓一国土交通相が出席する。

tnak51@yna.co.kr

<著作権者(c)聨合ニュース。無断転載・再配布禁止。>



原文記事
出所:聨合ニュース(2019.08.27)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。
メタ情報