5 ASEAN・中東9カ国が韓国でフォーラム スマートシティーの国際標準化議論詳細を見る | 投資ニュース | InvestKOREA(JPN)
本文のショートカット メインメニューのショートカット

Invest Korea

検索
検索
※ 以下のボタンをクリックすると、カスタム情報検索サービスが利用できます。
カスタム情報検索サービス

投資ニュース

  • Home
  • 情報センター
  • 投資ニュース
ASEAN・中東9カ国が韓国でフォーラム スマートシティーの国際標準化議論
作成日
2019.11.08
ヒット
268

聨合ニュースによると、


【ソウル聯合ニュース】韓国産業通商資源部の国家技術標準院は7日、京畿道城南市の板橋テクノバレーで東南アジア諸国連合(ASEAN)と中東の9カ国が参加する「第2回スマートシティーアジア標準フォーラム」を開催した。

国家技術標準院はアジア各国間のスマートシティー標準化戦略を共有して専門家ネットワークを構築するため、昨年6月にASEAN・中東の主要国が参加する第1回フォーラムを釜山で開催した。

今回のフォーラムには韓国、日本、マレーシア、ベトナム、シンガポール、インドネシア、タイ、サウジアラビア、アラブ首長国連邦(UAE)の9カ国が参加。

「スマートシティーのための標準化の役割」をテーマに各国の標準化戦略と事例を共有し、協力策を議論した。

李承雨(イ・スンウ)国家技術標準院長は「情報通信技術(ICT)を活用した公共サービスと、AI(人工知能)・自動運転車などの革新技術が調和したスマートシティー構築の前提条件は標準化だ」とし、「韓国は建設と情報通信分野で高い技術力を持っており、スマートシティーをはじめとするさまざまな分野での標準協力を通じて韓・ASEAN経済協力の礎を作りたい」と強調した。

ynhrm@yna.co.kr

<著作権者(c)聨合ニュース。無断転載・再配布禁止。>



原文記事
出所:聨合ニュース(2019.11.7)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。
メタ情報