5 韓国とカンボジア FTA締結に向け共同研究開始詳細を見る | 投資ニュース | InvestKOREA(JPN)
本文のショートカット メインメニューのショートカット

Invest Korea

検索
検索
※ 以下のボタンをクリックすると、カスタム情報検索サービスが利用できます。
カスタム情報検索サービス

投資ニュース

  • Home
  • 情報センター
  • 投資ニュース
韓国とカンボジア FTA締結に向け共同研究開始
作成日
2019.11.26
ヒット
262

聨合ニュースによると、


【ソウル聯合ニュース】韓国とカンボジアが自由貿易協定(FTA)締結に向けた共同研究を始める。

韓国産業通商資源部の兪明希(ユ・ミョンヒ)通商交渉本部長(次官級)とカンボジアのパン・ソラサック商業相は25日、韓国・東南アジア諸国連合(ASEAN)特別首脳会議(25~26日)が開催される釜山で、「韓・カンボジアFTA共同研究」の開始を正式に宣言した。

同部は共同研究の開始宣言に伴い、先月行われたインドネシアとの包括的経済連携協定(CEPA)交渉での実質的妥結、今月初めの東アジア地域包括的経済連携(RCEP)の条文ベースの交渉終了に続き新南方地域とのFTAネットワーク加速化に弾みがつくとの見通しを示した。

兪氏は「われわれが積み上げてきた産業発展の経験を、FTAを通じて後発開発途上国と共有することで経済協力と同時にわが国の企業の進出拡大を図る共生型FTAを推進する計画だ」と述べた。

同部は今後1年間進められる共同研究を基に市場開放や経済協力拡大を模索し、韓国企業のカンボジア進出拡大策を積極的に講じる方針だ。

カンボジアは2011年以降、毎年7%前後の高い経済成長率を記録しており、全人口の72%を35歳以下が占めるなど成長潜在力が高いと評価されている。

hjc@yna.co.kr

<著作権者(c)聨合ニュース。無断転載・再配布禁止。>



原文記事
出所:聨合ニュース(2019.11.25)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。
メタ情報