5 ドイツ・ベバトス、唐津に1億ドルを投資 電気自動車用バッテリーパックを生産詳細を見る | 投資ニュース | InvestKOREA(JPN)
本文のショートカット メインメニューのショートカット

Invest Korea

検索
検索
※ 以下のボタンをクリックすると、カスタム情報検索サービスが利用できます。
カスタム情報検索サービス

投資ニュース

  • Home
  • 情報センター
  • 投資ニュース
ドイツ・ベバトス、唐津に1億ドルを投資 電気自動車用バッテリーパックを生産
作成日
2020.09.14
ヒット
228

聨合ニュースによると、


【洪城聯合ニュース】ヤン・ヨンソク記者=電気自動車用バッテリーパックを生産するドイツのベバストが忠南道・唐津に工場を設立する。

忠南道と唐津市は、4日ベパストコリアホールディングスとオンラインで投資協約を締結した。

ベバストは、2022年まで唐津の松山2-2外国人投資地域4万35平方メートルの敷地に2万2千平方メートル規模電気自動車バッテリーパックの生産工場を設立することにした。

年間電気自動車35万台分のバッテリーパックを生産できる規模だ。

今回の工場設立は、ベバストが現代・起亜自動車からバッテリーパック77万台分を受注したことによるものだ。

ベバストは工場設立を含め、今後5年間1億800万ドルを投資する計画だ。

同道は、今回の投資によって今後10年間で輸出効果2千914億ウォン、生産誘発効果1千324億ウォン、付加価値創出効果8千768億ウォンなどの経済的効果を上げるものと期待した。

ベバストコリアホールディングスのチェ・テボン代表は、「バッテリー関連部品の国産化を通じ、韓国の関連産業の技術発展に貢献することを期待している」と説明した。

youngs@yna.co.kr
<著作権者(c)聨合ニュース。無断転載・再配布禁止。>



原文記事
出所:聨合ニュース(2020.9.4)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。
メタ情報