5 ドイツのメルク社、韓国に2025年まで8千300億ウォン投資詳細を見る | 投資ニュース | InvestKOREA(JPN)
本文のショートカット メインメニューのショートカット

Invest Korea

検索
検索
※ 以下のボタンをクリックすると、カスタム情報検索サービスが利用できます。
カスタム情報検索サービス

投資ニュース

  • Home
  • 情報センター
  • 投資ニュース
ドイツのメルク社、韓国に2025年まで8千300億ウォン投資
作成日
2021.10.13
ヒット
48

聨合ニュースによると、


【ソウル聯合ニュース】ユン・ボラム記者=ドイツのグローバル電子素材企業であるメルク・エレクトロニクス(以下、メルク)が2025年まで韓国に6億ユーロ(約8千300億ウォン)を投資する。

産業通商資源部(以下、産業部)によると、メルクのカイ・ベックマン代表はソウル鍾路区のフォーシーズンズホテルで、ムン・スンウク産業部長官とこのような内容の投資協力策について合意したことを8日明らかにした。

これに先立ち、メルクは別途発表を通じて、2025年末まで半導体素材など電子産業分野に世界的に30億ユーロ以上を投資する計画だと発表した。

このうち6億ユーロを韓国に投資するというものだ。

同社は1989年、韓国に初めて投資して以来、この32年間事業を営んできた。

京畿道平沢・安城・安山、仁川、蔚山など計11の生産・研究施設で1千400人以上が勤務しており、安定的な半導体素材の供給などを通じて国内産業の発展に寄与したと評価されている。

産業部は、今回の追加投資は韓国の積極的な半導体産業育成政策と投資誘致努力による成果と説明した。

また、今回の投資がサプライチェーン(供給網)の強化を推進している韓国半導体産業の生態系に大きく貢献することを期待している。

この日の面談でムン長官は、「今回の投資は安定的なサプライチェーンと先進技術・人材確保などの側面で韓国の半導体産業に大きく貢献する見通し」とし、「メルクも需要企業との安定的ビジネス関係を構築できるウィンウィンの関係となることを期待している」と評価した。

また「今後メルクの個別投資プロジェクトが可視化すれば、政府レベルでも現行法令上の立地・税制・現金支援など多様なインセンティブを支援する計画」と述べた。

bryoon@yna.co.kr
<著作権者(c)聨合ニュース。無断転載・再配布禁止。>

原文記事
出所:聨合ニュース(2021.10.8)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。
メタ情報