5 香港・新華集団の蔡冠深会長インタビュー詳細を見る | 韓国進出の成功事例 | InvestKOREA(JPN)
本文のショートカット メインメニューのショートカット

Invest Korea

検索
検索
※ 以下のボタンをクリックすると、カスタム情報検索サービスが利用できます。
カスタム情報検索サービス

韓国進出の成功事例

  • Home
  • Why KOREA
  • 韓国進出の成功事例
[ / その他] 香港・新華集団の蔡冠深会長インタビュー
作成日
2015.10.15
ヒット
1385

香港・新華集団の蔡冠深会長インタビュー
韓国・香港間の関係強化に取り組んでいる韓国投資広報大使の蔡冠深会長

今年5月韓国投資広報大使を委嘱された香港・新華集団の蔡冠深(ジョナサン・チョイ)会長は、農業・観光・文化の分野で韓国・香港間のビジネス関係強化に貢献してきた。Invest KOREAは、9人の韓国投資広報大使のうち一人である蔡冠深会長にインタビューし、広報大使としてのビジョンや両国間の関係・若手企業家の成功のために必要な要素などについて聞いた。

- 韓国投資広報大使を委嘱されたきっかけは?

"香港の韓国総領事が韓国投資広報大使を務めてくれないかと最初持ちかけてきた時は、こういうポストがあることすら知りませんでした。しかし、これは良いアイデアと思いました。香港は、アジアを含む全世界の国際貿易・投資の中心地となっています。私は香港のビジネスリーダーの一人として、韓国と香港・中国本土とのビジネス、投資マッチング、協力活性化に貢献できると思いました。 "

- 韓国投資広報大使としてのビジョンは?

"投資は、外国人による対韓投資と韓国人による対外投資など、双方向に行われます。従って、私には投資呼び込みの他にもできることは多いと思います。貿易についても同じことが言えます。投資・貿易商品・サービス産業は国の経済において、大きな役割を担っています。この3つの要素、全てを同時に促進することができます。
韓中FTAや国境を超えた電子商取引などを活用して、韓国から中国へと、商品を直接販売することができます。韓国と中国本土は非常に密接な関係を構築でき、その間で香港も一定の役割を果たすことができます。興味深いことに、中国瀋陽市には、韓国語のできるスタッフもいます。このような人材を活用して、韓国に私たちの事業を紹介することも考えられます。 "

- 最近の韓国と香港間の経済関係について、どのように評価していますか。

"韓国は貿易大国であり、両国間のビジネス関係は大きく発展してきました。また、香港でも5~10年前から韓流ブームが続いています。わずか10年前までは香港の若者の間でJ-POPが圧倒的な人気を博していましたが、今その人気はK-POPへと移行しています。
韓国人は優れた創造力を持っており、伝統文化とイノベーションの融合分野で強みを見せています。一つのビジネスモデルと言えます。韓国はまた、IT大国でもあります。IT技術と文化産業の融合も活発に行われています。文化・技術の融合は、他の産業の発展にも貢献してきました。このようなビジネスモデルは、香港と中国を含む、多くの国から評価されています。韓国は豊かな資源に恵まれた、大きい国ではありませんが、イノベーションを通じて、強大国となりました。
香港も小さな都市ではありますが、多くの強小企業を保有しているという共通点から、韓国と良い関係を構築することができると思います。香港は映画・エンターテインメント分野でイノベーションを続けていますが、韓国とのコラボレーションも必要であると思います。韓国人の方々には、香港を単なる都市ではなく、貿易・投資の中心地として考えていただきたいと思います。香港は多国間の良好な関係構築の実現を図っています。"

- 韓中FTAは、韓国と香港の関係をどのように改善していくと考えますか。

"日中関係が悪化している中、韓国は賢明な判断をしたと思います。韓国はチャンスを逃さず、中国とのFTAに署名しました。今後、多くの貿易・投資のチャンスが訪れるでしょう。香港は中国の一部であり、一緒にその恩恵を享受できると思います。"

- 香港の投資家が、韓国について最も関心を持っている分野は?

"最近はK-POPと文化事業です。いかにして香港にも「SMエンターテインメント」や「CJエンターテインメント」のような企業を育成するかを悩んでいます。ITに対する関心も高いです。韓国は世界のスマホ市場をリードしています。また、香港の女性たちは韓国の芸能人のように綺麗になりたいという思いから、韓国の化粧品にも注目しています。そこで香港の多くの中小企業は、韓国メーカーの化粧品の輸入に関心を示しています。私の妻も、韓国製の化粧品を使っています。また、美容整形手術市場も一つの巨大市場であり、韓国料理も欠かせない魅力の一つです。一部の香港企業はすでに釜山・済州道・ソウルなどの韓国の都市や様々な産業に投資を行っています。韓国には数え切れないほどのチャンスがあり、多くの香港企業が韓国企業との協力を希望しています。"


- 香港の投資家が韓国でビジネスを進める上で、最も必要としている支援は?

"英語、中国語など言語の面でのサポートです。私はKOTRAに常にこういうことを言っています。世界進出を考えているのなら、商品紹介に中国語と英語の二つの言語は欠かせないと。 "



- 会長にとって最も重要な社会的要因は何ですか。

"私は香港で一生暮らしており、香港に貢献したいと思います。香港はビジネスがしやすい都市です。政治への関心は大きくありません。香港は国ではなく、都市であるからです。香港市民は香港のビジネス・経済が発展できる方法を模索しています。
香港の強みはグローバル化です。香港は国際都市ですね。私たちが持っているビジネス専門性、資本、ネットワークを活用して、香港だけでなく中国本土のグローバル化をサポートし、海外からの中国進出も容易になるよう、世界の色々な国と協力していかなければなりません。私たちは「スーパーコネクター(super connector)」であり、資本・専門性・ビジネスノウハウを持つ共同投資家、事業家です。 "



- 25歳で新華集団の会長になりましたが、それが可能だった理由は何ですか。

"一生懸命働いた、それだけです。午前4時30分に起きて5時に魚市場に行って、夜遅くまで働きました。お正月を除いては、休みを取ったことがありません。そのように10年間働きました。
実際仕事をしながら、たくさん学ぶことができました。経営大学院では理論を学ぶだけです。また、当時は中国が市場を開放し始めた頃であり、近代化と改革・開放が進む中で、世界の動向を読み取るために努力しました。 "



- 若手企業家にアドバイスをお願いします。

"今日の若手企業家に求められるのは、優秀なIQ(知能指数)、高いEQ(心の知能指数)、AQ(成就指数)、そして優れたコミュニケーション能力です。もし金融危機または地震に見舞われたとするなら、それをどのようにして克服できるか。韓国が1997年の通貨危機を克服した方法は、実にすばらしいものでした。韓国人は「金集め運動」を通じて、国に金のネックレスなどを寄付しました。これこそ、韓国人の精神です。韓国が強大国に成長できた理由でもあります。"



By Chang Young(young.chang@kotra.or.kr)
Executive Consultant / Invest Korea


メタ情報