本文のショートカット メインメニューのショートカット

Invest Korea

検索

投資ニュース

  • Home
  • 情報センター
  • 投資ニュース
G20、「量的緩和縮小の不確実性の緩和」に合意
作成日
2013.07.22
ヒット
582
제목 없음

ロシア・モスクワで19日に開催された「20カ国財務大臣・中央銀行総裁会議」が「先進国の量的緩和」や「地域金融取極(RFA)」など世界経済及び金融市場の動向を点検し、2日間の日程を終えた。

同会議にはG20加盟国を始め、スペイン・ブルナイ・カザフスタン・エチオピア・シンガポールなど招請国の財務大臣及び中央銀行総裁、IMFOECD・世界銀行・金融安定理事会(FSB)の首長らが出席し、9月にサンクトペテルブルクで行われるG20首脳会議の前にテーマ別に必要な政策について検証した。

同会議の重要な成果は大きく3つに絞ることができる。

まず、米国の量的緩和の縮小及び出口戦略に関連し、不確実性を緩和すべきということに意見が一致した。各国の財務大臣らは、「将来、先進国が金融政策を変更する際には慎重に調整するとともに、市場に対し明確な説明を続ける」ことに合意した。

また、国際金融市場における変動の拡大に備え、新興国における強固なミクロ健全性体制の正当性を認めた。

開幕式の先導発言で韓国のヒョン・オソク副首相は、米国の早すぎる出口戦略に「逆波及効果リスク」を提起した。

また、財務大臣らは雇用創出と雇用率の上昇、構造改革などを通じて持続可能な成長のための政策協調を持続していくことに合意した。

雇用の増加は「G20に共通する優先課題」との認識の下、質の高い雇用創出と雇用率向上の推進に合意したと企画財政部は説明する。

さらに、G20は国際金融市場における変動の拡大に備えた金融セーフティーネットとして、地域金融取極(RFA)の役割の強化に合意した。その第一歩として、IMFRFA巻の対話やRFA巻の対話が柔軟かつ自発的に行われることが重要であることに意見が一致した。

最後に、G20は金融規制改革の進展状況を点検し、IMGクォーター・ガバナンス改革の批准、長期投資財源の造成などに対する意志も再び確認した。

財務大臣らは米国側の2010クォーターガバナンス改革案の批准が遅れている点を考慮し、10月のG20大臣会合で継続的な進捗を確保することを重視し、機関投資家らに向けた投資環境を造成するためにワークプランを推進することにも意見が一致した。

G20財務大臣会議は38ヵ条の共同声明を採択し、20日に閉幕した。

原文記事

出所:ニューシース(2013.07.20)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。

メタ情報