5 海外投資銀行、新興国リスク懸念にも韓国の安定性を評価詳細を見る | 投資ニュース | InvestKOREA(JPN)
本文のショートカット メインメニューのショートカット

Invest Korea

検索
検索
※ 以下のボタンをクリックすると、カスタム情報検索サービスが利用できます。
カスタム情報検索サービス

投資ニュース

  • Home
  • 情報センター
  • 投資ニュース
海外投資銀行、新興国リスク懸念にも韓国の安定性を評価
作成日
2013.08.23
ヒット
622
제목 없음

海外の投資銀行(IB)らが新興国の金融危機に対する懸念にもかかわらず、韓国の金融・為替市場の不安可能性は低く評価していることを企画財政部が明らかにした。

企画財政部は21日に説明資料を通じ、米国の量的緩和(QE)縮小にもかかわらず、経常収支黒字や財政健全性、債務構造の改善など全体的に堅調な韓国の経済ファンダメンタルが海外の投資銀行から高く評価されていると伝えた。

BNPパリバは21日、米国の量的緩和縮小によりアジア各国の通貨価値が不安定に推移しているものの、ウォンの堅調さに注目する必要があると評価した。また、韓国の財政健全性と外貨準備高などがOECD加盟国で最も良子な水準だと付け加えた。

ゴールドマンサックスは5日に出した主要アジア新興国の通貨変動可能性に関する分析を通じ、インド・豪州・インドネシアなどに比べてウォンの変動が激しくなる可能性は少ないと予想しており、バークレイスも韓国株式市場は今年下半期に大きな変動なく、他のアジア市場に比べてよい成果を上げるとの見通しを示した。

その他、ドイツバンク、JPモルガン、モルガンスタンリーなども韓国金融市場の安定性を高く評価した。

しかし、政府は今後国内金融市場の変動性が拡大する可能性に備えてモニターリングを強化するなど、迅速な対応に乗り出すと表明した。

特に、21日には米FRB7FOMC議事録公開、9月には米債務限度交渉、FOMC910月には日本の消費税引き上げ関連議論、22日にはドイツの総選挙など、世界金融市場に影響を及ぼしかねないイベントが後を絶たず、政策当局は緊張している。

企画財政部の関係者は、「主な対外イベントなどを中心に国内外の経済・金融状況に関するモニターリングを強化し、市場に不安要素が発生すると既に作成されているコンティンジェンシープランに沿って対応する」と話した。

原文記事

出所:ニューシース(2013.08.21)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。

メタ情報