5 SKイノベーション、中国常州に自動車バッテリー工場建設開始へ詳細を見る | 投資ニュース | InvestKOREA(JPN)
本文のショートカット メインメニューのショートカット

Invest Korea

検索
検索
※ 以下のボタンをクリックすると、カスタム情報検索サービスが利用できます。
カスタム情報検索サービス

投資ニュース

  • Home
  • 情報センター
  • 投資ニュース
SKイノベーション、中国常州に自動車バッテリー工場建設開始へ
作成日
2018.08.29
ヒット
335

聨合ニュースによると、


【ソウル聯合ニュース】イ・スングァン記者=SKイノベーションは中国のバッテリー事業の合作会社である北京自動車、北京電工と共同で江蘇省常州市に電気自動車バッテリー工場の建設工事を開始したと24日、明らかにした。

約30万㎡の敷地に建設される同工場は一般電気自動車(300㎾h)約25万台に搭載されるバッテリー7.5Whを生産することができる。

SKイノベーションは2013年10億人民元を投資し、北京自動車、北京電工と共同で電気自動車バッテリー合作法人「BESK」を設立した。

今回建設する工場はBESKが100%出資した子会社として、社名は「BEST」。建設投資費と運転資本(Working Capital)など約8千200億ウォンを2020年まで分割して出資する計画だ。

特に、SKイノベーションのバッテリー工場運営などの経験を踏まえ、忠清南道瑞山2工場に適用された「スマート工場」を実現した最先端施設として建設される。

来年建設完了後、設備安定化と試験運転、製品認証などを経て、2020年から量産化に向けた取り組みを本格化する方針だ。

今回、中国常州バッテリー工場と2022年完成予定のハンガリー工場を合わせると、SKイノベーションのバッテリー事業の年間生産量は約20GWhへと増加する。

humane@yna.co.kr
聨合ニュース。無断転載・再配布禁止。>




原文記事
出所:聨合ニュース(2018.08.24)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。


メタ情報