本文のショートカット メインメニューのショートカット

Invest Korea

検索
検索
※ 以下のボタンをクリックすると、カスタム情報検索サービスが利用できます。
カスタム情報検索サービス

交通

  • Home
  • 投資ガイド
  • 生活情報
  • 交通及び公共便益施設
  • 交通

地下鉄

韓国では、首都圏や釜山、大邱、光州、大田で地下鉄を利用することができる。地下鉄の運行時間は、一般的に午前5時30分から午前0時までである。
現在、ソウル、京畿、仁川地下鉄の基本料金は1,250ウォンで、一定の距離を超えた場合、追加運賃が発生する。追加運賃に関する詳細は、ソウルメトロのホームページ(www.seoulmetro.co.kr)で確認することができる。

バス

バスの種類と料金
バスの種類と料金
種類 青(幹線)バス 緑(支線)バス 黄(循環)バス 赤(広域)バス Mバス 広域直行バス
特徴 파랑(간선)버스 초록(지선)버스 노랑(순환)버스 빨강(광역)버스 M버스 광역직행 버스
ソウル市内の中距離を運行する幹線バス (バス番号3桁) バスと地下鉄間の乗り換え及び交通圏域内を連携するバス(バス番号4桁) 都心や副都心内で短距離を循環運行するバス (バス番号2桁) ソウルと首都圏の都市を急行でつなぐ広域バス(バス番号4桁) 広域急行バス で、立ち乗り禁止で運行され、停留所の数を最少化した交通システム 大都市と周辺の衛星都市を連携するために長距離で運行し、立ち乗り禁止で運行
ソウル料金 (交通カード) 1,200
(現金) 1,300
(交通カード) 1,100
(現金) 1,200
(交通カード) 2,300
(現金) 2,400
(交通カード) 2,400
(現金) 2,500
(交通カード) 2,300
(現金) 2,400

高速バス

高速バスには一般高速バスと優等高速バスの2種類があり、優等高速の場合、一般高速より座席数が少ないため、座席間隔が広く、TVを視聴することもできる。
ソウル高速バスターミナル(京釜線、嶺東線)
  • 所在地 : ソウル市瑞草区新盤浦路194(高速ターミナル駅)
  • 電話番号 : 1688-4700
  • ウェブサイト : www.exterminal.co.kr (対応言語: 韓国語)
セントラルシティ(湖南線)
  • 所在地 : ソウル市瑞草区新盤浦路176
  • 電話番号 : 02-6282-0114
  • ウェブサイト : www.hticket.co.kr (対応言語:英語、中国語、日本語)

市外バス

長距離を移動する場合、高速バスの代わりに市外バスを利用することもできる。市外バスの利点は、高速バスに比べてターミナル数が多いため、目的地の最寄りのターミナルを選択することができる点である。
BUSTAGO
  • 電話番号 : 1644-2992
  • ウェブサイト : www.bustago.or.kr (対応言語:英語、中国語、日本語)
市外バスの前売り
  • 電話番号 : 1644-3070
  • ウェブサイト : txbuse.t-money.co.kr (対応言語:英語、中国語、日本語)
空港バス及び空港鉄道
  • 空港バス
    仁川又は金浦空港に行く方法の1つとして、空港バスを利用することができる。空港バスの路線は非常に多く、地域によって運行時刻や運賃が異なる。仁川国際空港及び金浦国際空港サイトで詳しい内容を確認することができる。
    • 仁川国際空港
      ウェブサイト:www.airport.kr > 交通/駐車 > 公共交通機関 > バス検索 (対応言語:英語、中国語、日本語)
    • 金浦国際空港
      ウェブサイト:www.airport.kr/gimpo/main.do > 交通/駐車 > 公共交通機関 > バス (対応言語:英語、中国語、日本語)
  • 空港鉄道
    空港バス以外にも仁川国際空港に迅速かつ快適に移動できる交通手段として、空港鉄道がある。 詳細は空港鉄道のホームページ(www.arex.or.kr(対応言語:英語、中国語、日本語))で確認することができる。

タクシー

すべてのタクシーはメーターを使用し、一般タクシー、インターナショナルタクシー、模範タクシー、大型タクシーと、種類によって基本料金が異なる。

鉄道

鉄道は、目的地までの所要時間によって、KTX、SRT、セマウル号、ムグンファ号の4種類がある。SRTとKTXは、セマウル号とムグンファ号に比べて速いが、料金が高い。列車別の停車駅及び運賃情報の詳細は、コーレイルホームページ(www.korail.com)とSRTホームページ(etk.srail.co.kr)で確認することができる。

運転免許の取得

外国の運転免許証を韓国の運転免許証に変更
外国で発給された外国の運転免許証だけでは、韓国で車を運転することはできない。しかし、外国の権限のある機関で交付された運転免許証の所持者は、下記の手続きを経て韓国免許への交換発給を申請することができる。
大使館確認書など提出した書類の審査
提出書類の審査過程で不備事項を補完する必要がある場合、担当者が追加書類の提出を要求することがある。
適性検査(身体検査)と学科試験
韓国免許認定国の免許証を交換する場合、学科試験を免除
※ ただし、相互認定国の中でアメリカのオレゴン州、アイダホ州は学科試験を実施
韓国免許の交換発給
※ 外国免許証は、有効期間が残っている正式免許(full license)に限ってその効力を認定し、臨時免許証(temporary)、練習免許証(learner、provisional、probationary)、運転許可証(permit、certificate)などは、韓国免許に交換発給することはできない。
※ 免許に対する大使館確認書又はアポスティーユ(Apostille)確認書:外国免許証の真偽を確認するために、申請日から1年以内に発行された下記の案内事項のいずれかを準備
  • 駐韓「当該国大使館」又は「当該国駐在韓国大使館」が韓国語又は英語で発行した証明書
  • アポスティーユ(外国公文書の認定を不要とする条約(ハーグ条約))の締結国(現地)で韓国語又は英語で発行した認証書
国際運転免許証(International Driving Permit)
国際運転免許証
区分 内容
申請場所
  • 全国の運転免許試験場及び警察署
  • 仁川空港国際運転免許発給センター(仁川国際空港第1旅客ターミナル3階 警察治安センター、仁川国際空港第2旅客ターミナル2階 政府総合センター内)
  • 道路交通公団と協約を締結した220の地方自治体
    (ただし、地方自治体ではパスポートを申請する場合に限り、国際運転免許証も同時に申請可能、国際運転免許証のみの申請は不 可)
※ 警察署で申請する場合、訪問する前に国際運転免許証の発給が可能かどうかを確認してから、 クレジットカード又はデビットカードを持参して申請
必要書類
  • 本人申請時:本人のパスポート(コピー可)、運転免許証、6ヵ月以内に撮影したパスポート用写真1枚(3.5×4.5cm、パスポート写真以外は不可)
    ※ ただし、代理人による申請時には、代理人の身分証明書と委任状も必要
  • 本人が外国にいて出入国事実証明書を提出する場合は、身分証明書のコピーも可能、 パスポートに表示された名前の英語表記が必要なので必ず確認していくこと。
  • 外国国籍の韓国免許所持者の国際免許発給案内
    必要書類:本人のパスポート、運転免許証、6ヵ月以内に撮影したパスポート用写真1枚(3.5× 4.5cm、パスポート写真以外は不可)
有効期間
  • 発給日から1年
  • 韓国免許の免許停止期間に国際運転免許証の発給を申請する場合は、停止期間終了日の翌日から1年間有効な国際免許証を発給
手数料 8,500ウォン
留意事項
  • 国際運転免許証上の名前の英語表記のスペルとパスポート上の名前の英語表記のスペルが一致しない場合、又は国際運転免許証上の署名とパスポート上の署名が一致しない場合は国際運転免許証の効力が認められない。
  • 韓国内で認められる国際免許証は「International Driving Permit」であり、「International Driving License」では韓国内で運転することはできない。
  • 韓国は、ジュネーブ条約締約国であるため、原則的にジュネーブ条約締約国が発給した有効な国際免許証があれば韓国内で入国日から1年間運転することができる。
    (2002年1月1日からウィーン条約締約国が発給した有効な国際免許証でも韓国内での運転を許容しており、期間は同じく入国日から1年間)
運転免許証がない場合
  • 本国で運転免許を所持したことのない外国人が、韓国で新規に運転免許の発給を受ける手続きは、韓国人と同じ。
  • 詳細は道路交通公団ホームページ及び顧客センターに問い合わせること
  • 道路交通公団顧客センター電話番号:1577-1120/ウェブサイト:www.koroad.or.kr/en_web/index.do

自動車の購入・登録及び自動車保険

自動車の購入
外国人が韓国で自動車を購入する場合、使用の本拠地を証明することができる外国人登録事実証明書を添付しなければならない。
自動車の登録
新たに車を購入したら、自動車の新規登録を申請する。自動車の製造・販売者などが新規登録を代行することもできる。登録せずに自動車を運転した場合、2年以下の懲役又は5百万ウォン以下の罰金が課せられる。