本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
南原市の化粧品事業 政府の研究支援事業に選定
作成日
2017.05.04
ヒット
316

聨合ニュースによると、


【南原聯合ニュース】ペク・ドイン記者=化粧品産業を新成長エンジンとして育んでいる全羅北道南原市の「ビューティー産業製品開発事業」が政府の研究支援事業に選定された。

同事業は智異山の自生植物とハーブで機能性素材を発掘し、それを化粧品の原料に作ることを目指している。

原料を活用した製品開発と市場テストも進める。

天然素材で化粧品原料と製品を作れば、安全性が高まり市場から好評を受けると期待されている。

同事業は南原市と南原の化粧品メーカー「Hisol」、財団法人「南原市化粧品産業支援センター」、「又石大学産学協力団」などがコンソーシアムを組んで進める。

5年間14億ウォンの国費が支援され、南原市の出資金と民間負担金など計20億ウォンが投入される。

南原市は化粧品関連の研究機関、大学、地方自治団体と協力体制を構築し、化粧品原料の輸出と生産技術を研究する化粧品産業支援センター、エコな方法で化粧品を生産する工場などを備えている。


doin100@yna.co.kr

<著作権者(c)聨合ニュース。無断転載・再配布禁止。>



原文記事
出所:聨合ニュース(2017.04.28)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。