本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
全北、炭素工場の建設相次ぐ 炭素バレーに「拍車」
作成日
2013.08.30
ヒット
222
제목 없음

全北道が将来の中核事業と位置づけた炭素産業を育成するために推進している炭素バレー事業が本軌道に乗った。

全北道が29日に発表した内容によると、昨年稼動を始めた暁星グループに続き、最近GSカルテックスが全州に炭素工場を建設することを決めるなど、技術開発後に道内へ投資を約束した企業が10社近くに達する。

産業部から15億ウォンの支援を受け、石油の残渣物を利用した炭素繊維の開発に乗り出したGSカルテックスは、全州市テクノパークにパイロットプラント(試験生産室)を設置する計画。

GSカルテックスは23年にわたって試験生産を行い、2016年頃に全州に大規模のピッチ系炭素工場を設立、稼動する計画。

国費の支援を受けて石炭を利用した炭素繊維の開発に拍車をかけているOCIも、試験生産が終わる次第に群山産業団地内の敷地(10万㎡)にパイロット生産ラインを建設する計画。

また、「NEW POWER PLASMA」社は20152017年に全州八副洞一帯に炭素生産ラインを構築することを確定するなど、約10社の企業が研究開発後に炭素工場の建設を約束している。

炭素バレー事業は全北道が2010年に政府の予備妥当性調査を通過した国家事業で、炭素素材の研究開発と炭素企業の集積化を目的とする。

道は炭素産業が本軌道に乗ったことを受け、炭素産業をさらに拡大していく方針。

炭素バレー事業に関する来年度国家予算として企画財政部で226億ウォンを反映し、国会で100億ウォン以上を増額さえて330億ウォンを確保する計画。

道のある関係者は、「炭素バレー構築事業を通じて炭素繊維はもちろん、自動車・航空機の部品に使われる炭素素材の開発に拍車をかけ、大規模の雇用創出を促し、冷え込んでいる地域経済に活力を吹き込みたい」と話した。

原文記事

出所:聨合ニュース(2013.08.29)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。