本文のショートカット メインメニューのショートカット

Invest Korea

検索
検索
※ 以下のボタンをクリックすると、カスタム情報検索サービスが利用できます。
カスタム情報検索サービス

住居形態

  • Home
  • 投資ガイド
  • 生活情報
  • 住居生活
  • 住居形態

住宅の種類

单独住宅(单独住宅, 多眾住宅, 多家口住宅), 共同住宅(アパート(マンション), 連立住宅, 多世帶住宅, 寄宿舎.) 单独住宅(单独住宅, 多眾住宅, 多家口住宅), 共同住宅(アパート(マンション), 連立住宅, 多世帶住宅, 寄宿舎.) 画像拡大
※ 住宅法分類基準に基づく

賃貸借契約の種類

傳貰
韓国固有の独特な賃貸方式。住宅所有者にある程度の高額の金額を保証金として渡して一定期間その家に居住し、契約期間終了後には保証金全額を返してもらう。傳貰契約は通常2年単位(オフィステルは1年)で行い、家主は入居者が希望しない限り、2年以内に契約を破棄することができないよう法律で規定されている。つまり、住宅賃貸借保護法上、1年契約であっても入居者が希望する場合は2年間居住することができる。
半傳貰
半傳貰は、既存の傳貰を保証金と家賃に分けて毎月、家賃を払う賃貸方式である。値上がりした傳貰金額分を月々の家賃に換算し(通常は銀行預金金利の2倍)、賃借人から家賃を受け取る方式もある。例えば、3億ウォンの傳貰が2年後に4億ウォンに値上がりした場合、差額の1億ウォンを家賃の利率で換算して、保証金3億ウォンに毎月400,000~600,000ウォンの家賃を払うというものだ。
月貰
一定の金額を保証金として渡し、毎月家賃を支払う方式である。 同じ大きさの空間を賃借する場合、傳貰よりも保証金ははるかに安い。契約するとき、家主と話し合って保証金と家賃を調整することもできる。傳貰や月貰の契約には、公共料金(電気料金、水道料金、ガス料金、電話料金、インターネット使用料、TV受信料など)は含まれないので、入居者が自分で負担する。家具や家電製品も含まれていないので、別途、準備する必要があるが、多世帯住宅やオフィステルの場合、冷蔵庫や洗濯機などの基本的な家電製品は備え付けられている場合が多い。