本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
太白市を「癒しの都市」に育成…特区指定推進へ
作成日
2016.04.28
ヒット
154

聨合ニュースによると、


【太白聯合ニュース】リュ・イルヒョン記者=漢川と洛東江の源流である江原道太白市で、「癒し」をテーマにする特区指定が推進される。

太白市は5月3日午後、市庁大会議室で仮称「太白の漢川・洛東江源流特区計画案」に関する住民公聴会を開催すると明らかにした。

同公聴会は、特区計画案の全般的内容に対する住民の意見を収集した特区計画書を、中小企業庁に提出するために開かれる。

専門家、企業、公務員、住民など約200人が参加し、特区計画案に関する投資事業計画や規制特例事項について討論を行う予定だ。

漢川の源流である倹龍沼と洛東江の源流である黄池の都市、太白市は昨年8月から癒しをテーマにする特区指定のための研究を進めている。

同市は今月19日、公式サイトで特区の位置、必要性、特化事業者、事業内容などを公告しており、来月3日まで事業計画案を公開して意見を収集する予定だ。

ryu625@yna.co.kr

<著作権者(c)聨合ニュース。無断転載・再配布禁止。>



原文記事
出所:聨合ニュース(2016.04.26)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。