本文ショートカット メインメニューのショートカット

医療電子産業

  • Home
  • 主要産業
  • 医療電子産業

原州の発展ビジョン : [原州 Medical Valley]

原州圏域の地域開発可能性に照らして今後有望産業の流れを収用できる中長期的な総合発展方案の樹立とそれに伴う実践課題の樹立が必要である。
そのためにはまず、原州では医療電子産業の国内支援力量を有機的に連結及び結集しているというイメージを構築する必要がある。原州といえば先端医療電子産業の集積地という連想ができるように、ロゴ活動などを組織的に推進して世界的な医療電子産業都市のイメージを強調すべきである。
このような課題を効果的に推進するために、[原州 Medical Valley](仮)というイメージ構築を提案する。
[原州 Medical Valley]建設構想はなによりも原州圏域に地域革新体制機能を補強することで、地域内の知識創出及び相互学習体系を構築し、円滑な産業構造調整を通じて医療電子機器の単純生産基地というイメージを脱皮して新たな跳躍に備えるためのものである。

選択産業の集中育成方案

医療電子産業の特化品目を集中誘致
首都圏企業の誘致活動強化
  • 中央政府の地方移転促進制度を最大に活用して首都圏企業の原州移転を積極的に推進する。そのために原州市と江原道は建設交通部の[地方移転総合支援センター]との有機的な協調体系を構築する必要がある。
外国人投資を誘致するために関係機関同士の協力体制構築
[外国人投資誘致団](仮)を設置・運営して外国人投資誘致活動を推進し、産業資源部・財政経済部・江原道・外国人投資支援センター(KISC)などの関係機関と効果的な協調体制を構築する必要がある。
業種転換及び生産技術に対する支援
原州にある組立金属業界及び機械装置業界などを対象に医療電子業種への転換を積極的に誘導し、それに必要な資金や生産技術などを支援する必要がある。
医療電子企業の集積化団地造成
医療電子産業の育成において関連産業と支援産業などの群集化を促してシナジー効果を極大化させる戦略が必要である。
現政府は重点育成課題であるベンチャー企業創業支援政策に基いて原州を始めとして首都圏地域を含む全国に創業保育センターの設立を拡大してきた。この創業保育センターには予備創業者が大勢入居しているが、そのほとんどが1~2年後にインキュベーション期間が終わるため、彼らのための新しい立地施設が要求されている。
このためにベンチャー企業集積施設、生産集積化団地造成などの拡充が必要である。医療電子企業及びその支援施設を集中的に同じ場所に入居させることで共同施設利用、相互情報交換、共同展示・販売などによる費用節減、効率性増大を図ることができる。
まずはベンチャー企業保育センターに入居している企業の現況を把握し、彼らの卒業時期に合わせて必要となる生産活動空間を算定し、その企業が入居可能なベンチャー企業集積施設の規模を拡大していくべきである。

地域革新体制の構築

地域大学の教授及び研究員のベンチャー企業創業を誘導
原州の産業を発展させるためには、研究開発機能の拡充、経済主体間のネットワーク形成などの技術革新環境を造成し、地域革新体系を構築する必要がある。特に原州は大学、企業付設研究所などからの人材輩出が拡大されているが、起業活性化機能はまだ不十分なのでその拡充が急がれている。
教授及び研究員は現職を続けながらもベンチャー企業の代表者、役員・社員の兼職、休職などが可能であり(3年)、実験室での起業も積極的に勧められているため、教授による起業が活発に行われるように支援する必要がある。
クリエイティブなアイデアを土台とする医療電子などのベンチャー企業創業支援を拡大し、大学及び研究機関をベンチャー創業基地に造成する必要がある。特に大学教授やベンチャー企業家などで医療電子ベンチャー企業経営技術支援団を構成してベンチャーに関する総合コンサルティングが提供できるようにすべきである。
技術を保有している大学、研究機関や、海外の技術保有者のベンチャー企業化を促すために起業に必要な試作品の開発、起業準備に所要される資金、起業空間などを支援できる創業保育センターが必要である。
創業ファンドの造成
ベンチャー資金を調達するために原州医療電子産業専門投資組合(仮)を設立して運営する。原州に起業資金の供給を拡大し、対象企業の担保及び資金に対する負担を減らして経営に集中できるように支援することが目的である。
もし原州市だけでの組合結成が難しいようだったら、既に医療機器分野のみに投資するためにソウルで造成されている「ムハンメディカルベンチャー投資組合II」を積極的に活用することもできる。
医療電子の技術人材養成
原州の医療電子産業を発展させるためには、高難度の技術を導入・吸収し、独自開発能材を向上させることのできる優秀な技術人材が何より必要である。
そのために医療電子技術教育センター(仮)を設立して技術人材を養成し、現場の生産活動に従事している技術及び研究人材を再教育すべきである。
医療電子に関する公共機関の分所設置
原州にある企業に迅速かつ実質的な支援サービスを提供するためには医療電子産業を直・間接的に支援する公共機関の原州分所を設置するか、もしくは移転を要請する必要がある。 特に韓国保健産業振興院、食品医薬品安全庁のような国策機関の分所を設置して迅速な行政サービスを提供できるようにすべきである。

インフラ構築案

投資誘致のために原州のイメージを高める
原州地方産業団地といえば先端医療電子技術の集積地という認識を植え付けるためには、様々なイメージ向上活動を組織的に推進し、またそれを中断することなく持続的に展開していくことがとても大事である。
そのためには国際医療機器ショーなどのイベントで構築しようとするイメージを強烈に伝える方法も必要である。
持続的に推進すべき事業には、様々なメディア(TV、ラジオ、新聞、雑誌、広報物など)を利用した広報・広告、常設医療電子展示館の構築、サイバーエキスポ(もしくはサイバー展示館)の運営、国際医療電子ショーの開催、自然観光と産業観光事業の連係強化、広報担当組織の設置などをあげられる。
超高速情報通信網及び電子商取引の構築支援
電子商取引の構築には基本的に超高速通信網を構築する必要があり、これは情報通信部の協力を促すべきである。
それをベースにした電子商取引の構築は医療電子製造業の設計、調達、生産、物流などの産業の構造的問題を革新的に改善し、製造業の競争力を確保できるようにする。
産業資源部は既に進めている「電子産業CALS/EC事業」で医療電子機器が2000年上半期から追加品目に指定し、企業間の電子商取引(B2B)を推進していく計画である。したがって原州で電子商取引を推進するためには産業資源部の協力を積極要請するのが望ましいと思われる。