本文ショートカット メインメニューのショートカット

海洋生物産業

  • Home
  • 主要産業
  • 海洋生物産業

海洋生物産業の特性

  • 海洋生物産業は生命工学の一部門で、特定海洋生物の全部、もしくは一部を操作したり利用するものをいうが、おらず、自体が学問の一分野というよりは、ある問題を解決したり、製品及び工程の開発に利用できるツールや技術を意味する。
    • 海洋生物産業は海洋に存在している原料を利用するものであるが、まだ十分な研究が行われて学開発と発展可能性は非常に高い。分子遺伝工学を利用した海洋微生物、海洋微細藻類、海洋植物及び海洋動物などに関する研究が活発に進行されている。

江原圏の海洋生物産業の現況

  • 1998年以降、海洋生物産業関連研究所の増設で海洋生物に対する研究支援基盤が拡大されている。
  • 江陵大学創業保育センター、江陵S/W支援センターの拡大、江陵大学海洋生物産業応用プログラムの運営、水産種苗大量生産放流事業、江原専門大学海洋生物プログラム、江原専門大学創業保育センターの設置などを推進している。
  • 江陵大学創業保育センター及び海洋生物産業研究プログラム
    • 東海岸の水産業を発展させるための研究機能強化、東海岸水産研究機関の協力体制構築、新しい品種の開発で漁民の収益向上、地域水産物の高付加価値化などを目的に、2005年まで東海岸海洋生物資源研究センターを中心として研究プログラムを運用
  • 江陵S/W支援センターの拡大
    • 1999年竣工された江陵S/W支援センターを拡大して東部圏のS/W拠点に育成する方案を進めている。
  • 江原専門大学創業保育センター及び海洋生物プログラム
    • 水産・海洋生物産業分野で新規創業する者に技術及び経営支援などを提供し、海洋深層水を利用した高付加価値海洋生物生産技法の研究、消波堤及び耐波性養殖網の活用法案研究などを重点推進している(2001~2005)。

中央政府の海洋生物産業育成案

  • 海洋水産部が推進している海洋資源に関する研究開発は、先端水産技術開発事業、水産試験研究事業、海洋生物からの有用新物質研究事業の3部門にわたって施行されている。
    • 生命工学に関する技術開発研究(1995~2004, 245億ウォン)、水産試験研究事業、有用新物質研究事業(1段階: 1999~2001、 14億ウォン)
  • 海洋生物産業のインフラ構築事業は政府出捐研究所を中心として、“韓国の主要海洋水産資源の保存・管理システム”、“海洋生物遺伝子銀行構築事業”、“有用海産魚類資源増大研究”などの事業に対し、1999年16億8,000万ウォンの予算が投入された。
    • 海洋水産分野の中小・ベンチャー企業の技術開発及び創業活動を積極的に支援することで、海洋産業の発展基盤を拡充する。特に実用化及び成長可能性の高い先端知識産業分野を集中支援するために[海洋水産ベンチャー企画団]を設置・運営する計画である。

海洋生物産業育成に必要な機能

  • 産学の研究協力増大 : 現在まで海洋産業に対する認識や投資の不足で技術開発レベルが先進国に比べまだ低い水準である。
    • したがって産・学研究協力システムを効率的に運用できるプログラムを拡充し、研究開発システムを確立する必要がある。
  • 人材養成 : 海洋生物産業が持続的な研究力量を身に付けるための研究人材の確保と再教育システム
  • 海洋生物産業支援センター : 海洋産業関連の一般企業及びベンチャー企業を養成するための支援システム
  • 海洋ベンチャー企業の創業活性化 : 実験室創業、分離創業など、大学及び企業で生物ベンチャー企業を養成するシステム

江原海洋生物産業育成戦略

  • 江原海洋生物産業育成戦略を育成するために1998年以降増大している研究開発と関連部門、特に江陵大学と江原道立大学、関東大学などで推進している創業保育センター、海洋生物産業に関する研究プログラムなどと連係して発展を促す。
    内容準備中です。
    画像拡大
  • 創業保育センターを履修した企業が海洋生物産業支援センターに入居して研究開発機能を持続的に遂行できる環境を造成する。
    • 海洋科学技術人材支援センターの機能を活用して専門人力を拡充し、今後海洋生物支援センターで成長した一般企業及びベンチャー企業が入居して生産活動に集中する空間及び環境を提供する。
  • 江原の海洋産業における有望分野を並べてみると、海洋生物(海洋生命、養殖、水産)、海洋関連のソフトウェア、海洋環境ブロック及び消波堤、海洋に関するコンサルティング、海洋情報通信、海洋計測用センサー及び機器、海洋に関するエンジニアリング、海洋エネルギー(波力エネルギー、温度差エネルギー、海流エネルギー)、海水の淡水化に関する技術、沿岸Waterfront、マリーナに関する技術、海洋観光に関する情報産業、沿岸リノベーションなどが挙げられる。
    • 海洋生物分野の中で新技術開発は医科大学を中心として海洋生物における研究開発システムを構築する。
    • 海洋生命工学、水産工学、養殖工学に細分して江陵圏内の大学と連係。海洋養殖研究(江陵大学)、海洋生命研究(関東大医大学)、水産科学(江原大学医科大学)などで、地域内の大学を活用
  • 初期段階で創業保育センターを履修した企業が海洋生物産業支援センターに入居して研究開発機能を持続的に遂行できる環境を造成
    • 同時に海洋科学技術人材支援センターの機能を活用して専門人材の拡充
    • 今後海洋生物支援センターで成長した一般企業及びベンチャー企業が入居して生産活動のできる物理的空間の提供を推進
    • 海洋産業センターは海洋環境技術、海洋情報通信研究、海洋生命研究、海洋養殖研究、水産科学研究など、部門別に特化研究 (センターの立地問題は地域内の与件を考慮して審議後選定)
  • 海洋生物工程機器などと関連して新素材産業と情報共有システムを構築
    • 海洋生物産業と新素材産業(ファインセラミックス)を江原東部圏の主力産業に育成する。

事業提案

  • 海洋水産部の国レベルでの海洋産業育成案と連係して東海岸圏に海洋生物ベンチャーセンターを誘致して海洋生物関連のベンチャー企業を育成する。
  • 海洋生物産業関連の高級人材確保及び既存の企業人材の再教育などを通じて高級人材を確保するシステムを構築する。
  • 長期的に江陵海洋生物産業支援センターで育成された企業が入居できるように近くの工業団地地域内に5~10万坪規模の海洋生物産業団地を造成する。