本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
全国6地域、今年の「エコ・エネルギー・タウン」に選定
作成日
2016.06.14
ヒット
124

聨合ニュースによると、

【世宗聯合ニュース】キム・ヨンヒョン記者=江原道麟蹄郡、忠清北道陰城郡、忠清南道保寧市・瑞山市、全羅北道完州郡、済州道の全国6地域が、エコ・エネルギー・タウンの事業地域に選定された。

産業通商資源部(以下、産業部)は9日、環境部と共同で今年のエコ・エネルギー・タウンの新規事業地域を選定し、首相傘下のグリーン成長委員会に報告したと明らかにした。

エコ・エネルギー・タウンは忌避施設を活用して生産した太陽光・バイオガスなど再生可能エネルギーを住民に供給し、エネルギー自立、温室効果ガス削減、住民所得増大の効果を狙う事業だ。

2014年モデル事業対象3地域がエコ・エネルギー・タウンに選定され、昨年さらに10地域が選ばれた。今回の6地域を含めれば、計19地域で推進されている。

今年の場合、産業部の所管は瑞山のみで、残りの5地域は環境部所管事業だ。エネルギー・タウンは各自治体の事業基本計画に基づき、2~3年にわたって構築される予定だ。

産業部は「今後、新規事業地域を対象に事業と収益モデルの多角化を進めていく」とした上で、「海外進出推進方策も模索する計画だ」と述べた。

cool@yna.co.kr

<著作権者(c)聨合ニュース。無断転載・再配布禁止。>


原文記事
出所:聨合ニュース(2016.06.09)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。