本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
ラヴィエベル観光団地 外資誘致を推進
作成日
2017.05.02
ヒット
239

聨合ニュースによると、



【洪川聯合ニュース】イ・サンハク記者=江原道春川市と洪川郡で推進中の観光団地に自治体が5千億ウォンを上回る外資誘致に乗り出し、地元の関心を集めている。

洪川郡は韓国大手が推進しているラヴィエベル 観光団地に香港のあるグループの外資5600億ウォンを誘致し商業施設とホテル、自然型リゾートが集まった複合リゾート団地を造成する計画だと説明した。

これに関連し、来月11日MOUを締結する予定だ。

同郡は春川と洪川を対象に不動産移民制の指定、外国人投資地域、観光団地造成計画といった行政支援と行動広報などを行い協力を強化する方針だ。

同郡の関係者は「観光団地内の未開発地域に対する外資を誘致し、開発の活性化が進めば嶺西地域の観光活性化に向けた新しい方向性を導き出せるのはもとより、春川と洪川の観光客増加が見込まれる」と話した。

hak@yna.co.kr

<著作権者(c)聨合ニュース。無断転載・再配布禁止。>



原文記事
出所:聨合ニュース(2017.04.25)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。