本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
東海岸圏経済自由区域 開発に弾み
作成日
2017.10.31
ヒット
142

聨合ニュースによると、


【春川聯合ニュース】ヤン・ジウン記者=東海岸圏経済自由区域(EFEZ)の開発が新しい投資家の確保、用地開発許可などで拍車がかかっている。

新しい投資家の「東海E-City国際複合観光都市開発有限会社(以下、東海E-City)」は地区内の事業敷地178万9203.59㎡を落札された。

東海E-Cityは来月まで地元住民との協議を通して開発敷地を調整する計画だ。

玉渓地区は敷地内の農業振興地域やその他の農地に対する転用協議を行った結果、転用を確定した。

EFEZは業務協約(MOU)を結んだ国内外の企業と研究機関への投資誘致にも取り組んでいる。

EFEZ庁の関係者は29日、「2017年を投資誘致の元年に掲げ、オールイン(ALL-IN)戦略で投資誘致への第一歩を踏み出そうとしている」とし、「今後、より具体的な成果を上げていき、江原道の経済活性化に取り組んで生きたい」と話した。

yangdoo@yna.co.kr

<著作権者(c)聨合ニュース。無断転載・再配布禁止。>



原文記事
出所:聨合ニュース(2017.10.29)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。