本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
横城郡、電気自動車・ミニ太陽光事業拡大へ
作成日
2018.02.28
ヒット
118

聨合ニュースによると、


【横城聯合ニュース】イ・サンハク記者=江原道横城郡が電気自動車をはじめ、充電インフラ、ミニ太陽光(グリーンホーム)普及など新再生可能エネルギー事業の拡大に乗り出す。

横城郡は、電気自動車の普及に向けて民間に電気自動車3台を購買する場合、支援金を与える事業を行う。

3月12日から16日まで申請を受け、抽選で対象者を選定する計画である。

また、電気自動車の充電インフラの構築に向けて外郭屯内、隅川、公根面行政福祉センターに急速充電器を設置することにした。

さらに新再生可能エネルギーとして注目されるグリーンホームの普及事業(地熱、太陽光、太陽熱)を拡大する。

これまで一般の一戸建て住宅に設置費の一部を支援したが、共同住宅にまで事業を拡大する。

ミニ太陽光(約260W)は、今年約25世帯に総1千544万ウォンの支援金が与えられる見通しだ。

世帯当たりの支援金額は約57万2千ウォン、自己負担は約22万ウォンと予想される。

横城郡は、電気自動車やミニ太陽光普及がエネルギー削減はもとより、温室効果ガス削減にも貢献するものと期待した。

hak@yna.co.kr

<著作権者(c)聨合ニュース。無断転載・再配布禁止。>



原文記事
出所:聨合ニュース(2018.02.26)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。