本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
三陟市、観光PRに第4次産業革命技術のVRを活用
作成日
2018.06.22
ヒット
126



江原道三陟市は国内外の観光貿易博覧会や地域祭りで、観光地のPRや観光客誘致を効率的に行うために第4次産業であるVR技術を広報に活用すると19日、明らかにした。

今までVRは、ゲーム分野での商業利用は活発であったが、地方自治団体がVR技術を活用して地域観光をPRするのは今回が初めてだ。

まず、同市は今回のVRコンテンツを活用して、三陟市を代表する観光地である大金窟(テグムグル)、海上ケーブルカー、海洋レールバイクなど3ヵ所を対象にした映像を制作するという。

広報に使われる映像は現実の体験を再現するVRコンテンツ、YouTubeやFacebookなどで活用できる映像、ヘッドマウントディスプレイ(HMD)を中心とした没入型の体験ができる映像システムなどであり、今後、これらの映像をホームページ、広報ブースなどで利用できるようにする計画だ。

同市はVRコンテンツの撮影が終わる8月から広報ブースで「VR観光」広報に本格的に乗り出すという。



原文記事
出所:ニューシース(2018.06.19)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。