本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
平昌五輪2018の乾杯酒製造メーカー「ソルレウォン」250万ドルの輸出契約
作成日
2018.09.18
ヒット
121

聨合ニュースによると、


【春川聯合ニュース】パク・ヨンソ記者=2018平昌冬季五輪の期間中、韓国商品の優秀性を世界に知らせた道内代表種類メーカー「ソルレウォン」がGTI国際貿易投資博覧会で海外企業と250万ドルの契約を締結し、輸出販路拡大に乗り出す。

同社は9月13~16日、江原道東海市で開かれたGTIで中国、マレーシア、オーストラリアなどの企業と約28億ウォンに達する輸出契約を締結した。

同社は2018平昌冬季オリンピック公式サポーターに選定され、五輪期間中、公式行事の乾杯酒「雪原(ソルオン)」を供給した江原道を代表する伝統酒の製造メーカーである。

「雪原(ソルオン)」は江原道の清浄地域で育った最高級のブドウだけを厳選して、一定の温度と湿度が維持された地下の洞窟にある熟成室で最適の条件に合わせて誕生させた特別な味を持つ高級ワイン。

国際オリンピック委員会(IOC) のトーマス・バッハ(Thomas Bach)会長は五輪期間中、韓国を訪れた各国の首脳に「雪原(ソルオン)」を歓迎お土産として提供した。

今回の契約で、海外に輸出される「雪原(ソルオン)」にはオリンピックの公式エンブレムが取り付けられて各国へ輸出される。

<著作権者(c)聨合ニュース。無断転載・再配布禁止。>

conanys@yna.co.kr


原文記事
出所:聨合ニュース(2018.09.17)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。