本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
江原道、未来新産業として「e-モビリティ」(electronic-mobility)産業育成
作成日
2018.11.15
ヒット
109

聨合ニュースによると、


【春川聯合ニュース】イム・ボヨン記者=江原道が未来新産業として「e-モビリティ」(electronic-mobility)産業を集中育成する。

江原道は橫城郡、e-モビリティ研究組合、韓国電気商用車融合共同組合と14日道庁にて機関間の相互協力に向けた了解覚書(MOU) を締結する。

e-モビリティは電力を基盤とする移動手段の通称で、第4次産業革命時代の自動運転、シェアリングカー、パーソナルモビリティなど未来移動手段のパラダイムを変える新産業である。

協定は、江原道と橫城郡はe-モビリティ中心政策を推進し、各組合は安定的な投資、移転、定着を支援し、地域経済の活性化に共同で対応することを主な内容としている。

14つの組合で構成されたe-モビリティ研究組合はe-モビリティ関連技術の研究開発を共同で行う。

10つの組合で構成された韓国電気商用車融合共同組合は研究・開発された試作品に対し、生産、販売、流通、アフターサービス(A/S)を共同で行う。

江原道の関係者は「今回の協定を通じて関連インフラ造成など具体的な実行計画を策定・推進するとともに関係機関などと緊密に協力し、実行力高めていく」と述べた。

<著作権者(c)聨合ニュース。無断転載・再配布禁止。>

limbo@yna.co.kr


原文記事
出所:聨合ニュース(2018.11.13)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。