本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
三陟の都市再生ニューディール事業に3千346億ウォンを投入
作成日
2019.04.11
ヒット
67

聨合ニュースによると、


【三陟聯合ニュース】べ・ヨンホ記者=江原三陟市の城內・汀羅地区の都市再生ニューディール事業を本格的に推進する。

同事業には今年から2023年まで、国土交通部が支援する呼び水事業費の412億ウォンを含め、部署協業事業費、民間資本複合開発事業費など計3千346億ウォンが投入される。

城內地区の都市再生ニューディール事業のテーマは「関東第1塁邑城都市へのタイムスリップ」だ。

関東八景第1塁であり、千年の歴史を誇る竹西樓を中心に大学路までをタイムスリップ観光地に造成する計画だ。

主要事業は風流文化道の造成、青年確信プラットホームの構築、生活環境改善だ。

千年の三陟アートピア造成事業である汀羅地区の都市再生ニューディール事業の規模は、旧セガンエムテック工場とサンピョ第2工場の式を中心で、総面積は21万2千580平方メートルだ。

同市の関係者は「個性的なストーリの都市再生ニューディール事業で生活環境を改善し、地域社会を活性化するなど住民の生活の質を高めたい」と述べた。

byh@yna.co.kr


原文記事
出所:聨合ニュース(2019.04.10)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。