本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
江原道、2021国際青少年冬季スポーツ大会を誘致
作成日
2019.07.15
ヒット
64

 


全世界青少年のフェスティバルである2021国際青少年冬季スポーツ大会が2021年に江原道平昌、江陵一帯で開かれる。

江原道によると、ロシアのウファ(Ufa)で開かれた国際青少年スポーツ大会の執行委員会で「2021国際青少年冬季スポーツ大会(ICWG)」の誘致を最終確定したことを11日に明らかにした。

国際青少年スポーツ大会はIOCが公認する大会であり、2021年冬季大会は2月19日から24日まで6日間、平昌、江陵一帯で開かれる。

今回の大会には冬季スポーツの8種目(雪上5、氷上3)に約20ヵ国の70余りの都市から選手団1000人あまり(12歳~15歳)が参加する予定だ。

江原道と平昌郡は開・閉会式をはじめ、パレード、冬季スポーツ関連映画上映、テコンドー公演など、多様な文化イベントを行う計画だ。

チョン・ギョンホ江原道体育課長は「平昌、江陵で開催される今回の大会が成功するために努力する」とし、「参加選手団が平昌、江陵で五輪の感動と歓喜をもう一度感じ、相互間の友好交流の機会になることを期待している」と明らかにした。

 


原文記事
出所:ニューシース(2019.07.11)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。