本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
原州に100億ウォン投入して青年創業支援ハブ設立
作成日
2019.09.06
ヒット
198

聨合ニュースによると、


【原州聯合ニュース】キム・ヨンイン記者=江原道・原州地域で青年創業の役割を果たす創業支援ハブが設立される。

ウォン・チャンムック原州市長によると、南原州駅勢圏の開発投資先導地区内の国費50億ウォンを含め、総100億ウォンを投入し青年創業ハブを設立する計画を3日に明らかにした。

南原州駅勢圏の開発投資先導地区は、中央線複線建設によって新設される南原州駅一帯の体系的開発と原州市の新成長拠点のため、韓国土地住宅公社(LH)と共同で推進する事業だ。

原州市はLHの協力で事業に必要な7千520平方メートルの式を無料で受けて推進する。

同市は来年の予算で編成された6億ウォンで基本計画と実施設計に着手し、2022年までに観光する計画だ。

創業支援ハブは今後、地域の大学生などの青年創業を支援し先端医療機器とデジタルヘルスケアなど、市の戦略産業を連携して雇用を創出する拠点ネットワーク機能を担当する方針だ。

ウォン市長は「南原州駅勢圏の開発投資先導地区は、原則的に国費支援を受けない地域だが、原州だけの差別化するアイテムで政府予算確保への努力が成果を挙げた」と説明した。

kimyi@yna.co.kr


原文記事
出所:聨合ニュース(2019.09.03)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。