本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
江原道、フライ江原・冬季観光商品連携3カ国の江原ロードショー開催
作成日
2019.09.19
ヒット
91

聨合ニュースによると、


【春川聯合ニュース】イ・ジェヒョン記者=江原道がフライ江原の新規就航及び冬季観光商品広報に向けて海外3カ国と江原観光ロードショーを開催する。

冬季観光の主要市場であるインドネシア(19日)、タイ(20~22日)、台湾(23日)に冬季観光商品の団体と個別観光客の誘致のために多様なマーケティング活動を展開する。

韓国観光公社と共同で推進する今回のロードショーは、江陵・洪川・平昌などの3市・郡とフライ江原、アルペンシア、龍平などの9のスキーリゾート&ホテル、江原道担当旅行会社など、20社以上の機関及び会社が参加する。

道はリレー観光ロードショー期間に現地の旅行会社とメディアなどの観光業界を対象としてビジネス商談会(B2B)と観光説明会、メディアブリーフィングなどを開催する。

まず、19日には冬季観光の新しい市場として浮上しているインドネシア・ジャカルタで、江原国際トラベルマート(GITM)を開催する。

旅行業界を対象としてビジネ商談会(B2B)、インドネシア江原観光の夜などを通じて、冬季観光及び企業インセンティブ団体観光客誘致の広報説明会を開く。

20~22日には、冬季シーズン訪韓観光客で上位を占めるタイ市場で、今冬に就航するフライ江原とスキーリゾート業界、担当旅行会社などと冬季観光PRに乗り出す。

特に、タイでの韓流ブームと観光客誘致に向けて、有力地上波のチャンネル7ドラマの江原道撮影誘致の業務協約(MOU)締結する。

23日には、中国、日本に続いて韓国を訪問する台湾でGITM、台湾江原観光の夜などを開催する。

道の関係者は18日に「韓国観光公社、市・郡、スキーリゾート業界、12月国際路線初趣向予定であるフライ江原などと協業し、冬の王国である江原道の名声にふさわしい冬季観光商品を広報するなど、積極的なマーケティングを行い、持続的に多くの海外観光客がどうで楽しめる観光商品を拡大開発する計画」と説明した。

limbo@yna.co.kr


原文記事
出所:聨合ニュース(2019.09.18)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。