本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
原州企業都市造成完了へ 5千202億ウォン投入・約528万平方メートル規模
作成日
2019.10.30
ヒット
93

聨合ニュースによると、


【原州聯合ニュース】キム・ヨンイン記者=江原道・原州市に設立される知識基盤型企業都市が15年に渡る大工事を終えて造成を完了した。

原州市と原州企業都市(株)によると、11月6日午前10時に企業都市で竣工式を行うことを30日に明らかにした。

2005年に始まった原州市知識基盤型企業都市開発は、政府の国家均衡発展政策の一環として、自給自足型の都市造成を通じて地域発展と国家競争力を高める事業として進められた。

企業都市は、地正面・佳谷里一帯に総事業費5千202億ウォンを投入し527万8千平方メートル規模で造成される。

現在まで分譲対象の総262万7千130平方メートルのうち90.1%が分譲された。

知識産業用地の76%をはじめ、共同住宅と単独宅地などの住居用地100%、商業業務施設92.1%がそれぞれ分譲された。

同市は企業都市の竣工により、来年上半期から原州企業都市所有の公共施設物所有権などを譲り受けることになる。

kimyi@yna.co.kr


原文記事
出所:聨合ニュース(2019.10.30)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。