本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
江原道、中小企業育成資金支援業種拡大 建設・観光ホテルを含む
作成日
2019.12.10
ヒット
73

聨合ニュースによると、


【春川聯合ニュース】イム・ボヨン記者=江原道が来年、中小企業育成資金支援業種を拡大する。

道は景気後退で困難を強いられている中小企業の資金難解決と利子負担を減らすために2020年中小企業育成資金の運営計画を策定した。

主な内容は製造業中心の支援から脱皮する。

建設業や観光ホテル業など雇用創出を促進する産業全般に支援対象を拡大する。

ただ、常時雇用従業員5人以上の事業所を対象とする。

グローバル経済の不確実性によるリスク管理を支援するため、災難、取引先の倒産、輸出被害などで被害を受けた企業に対する融資返済の猶予(1年間)規定も新設した。

資金偏重を防ぐため、企業当たり5年間に総融資上限額を設定し、創業企業の場合、売上高と関係なく最低額(1億ウォン)を保障する。

2020年の中小企業育成資金支援計画公告は今月末江原道庁のホームページに掲示する予定で、申請・受付は2020年1月から施行する。

道の関係者は3日「今回の措置を通じて道内の2千400以上の事業所が資金支援対象に新たに含まれて、企業負担や費用が大幅に減少なる效果を期待している」と述べた。

道は毎年2千200億ウォン(運転資金1千300億、施設資金600億、特殊目的資金300億ウォン)規模の中小企業育成資金を全国最高の金利負担緩和(2.0%∼3.5%)として支援し、毎年500以上の道内企業が資金を利用している。

limbo@yna.co.kr

<著作権者(c)聨合ニュース。無断転載・再配布禁止。>



原文記事
出所:聨合ニュース(2019.12.3)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。