本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
江原道産アスパラガス45トンが日本に輸出 3億ウォン以上の所得予想
作成日
2020.03.16
ヒット
74

聨合ニュースによると、


【春川聯合ニュース】ヤン・ジウン記者=江原地域で生産したアスパラガスが過去最大規模で日本に輸出される。

江原道農業技術院は10日、本館の小会議室で江原道産アスパラガスの日本輸出活性化に向けた協約式を行った。

江原道アスパラガス生産者協議会と勝運貿易は、同日の協約式でアスパラガス45トンを輸出契約を締結した。

今回の契約は江原地域のアスパラガス日本輸出としては最大規模。

春川、華川、楊口地域で生産したアスパラガスは、来月5日から5月31日までに日本に輸出される予定で、これを通じて地域農家が計3億2千万ウォンの所得を得ると予想される。

江原道産アスパラガスの日本輸出量は2015年3トンで2016年11トン、2017年18トン、2018年18.6トン、2019年25.6トンと年々増えている。

規格、鮮度などで好評を受け日本のみならず台湾、香港、シンガポールなどに輸出することにした。

ウォン・ジェヒ園芸研究課長は「江原道産アスパラガスは、日本の消費者から好評を受け、韓国の栽培者の満足度も高い」とし「農家所得創出はもちろん、輸出新作物へ位置付けられるように努力したい」と述べた。

yangdoo@yna.co.kr

<著作権者(c)聨合ニュース。無断転載・再配布禁止。>



原文記事
出所:聨合ニュース(2020.3.10)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。