本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
三陟市が60社の企業を誘致 水素エネルギー都市に成長
作成日
2021.05.11
ヒット
34

聨合ニュースによると、


【三陟聯合ニュース】ベ・ヨンホ記者=江原道・三陟市が水素エネルギー用素材・部品産業の生態系造成のための基盤づくりに本格的に乗り出す。

三陟市のセラミックの原料・素材ベースの水素エネルギー活用産業支援の構築事業が2022年産業通商資源部のスマート特性化基盤構築の公募事業に最終選定され、国費60億ウォンを確保した。

国費・地方費など総事業費120億ウォン規模のこの事業には、江原道テクノパークの主管で韓国生産技術研究院、韓国セラミック技術院、韓国建設生活環境試験研究院、江原大学が参加する。

三陟市は2022年から2024年まで産・学・研・官の専門家協議会および装備の共同活用ネットワーク構成、試験・評価・改装、試作品の製作支援、テスト・評価・認証の支援、技術指導、人材養成などを推進する。

キム・ヤンホ三陟市長は、「水素エネルギー活用産業拠点都市として立地を確保し、持続可能な雇用を創出して、60社の企業誘致などの新成長エンジンを生み出ていきたい」と述べた。

byh@yna.co.kr
<著作権者(c)聨合ニュース。無断転載・再配布禁止。>

原文記事
出所:聨合ニュース(2021.4.30)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。