本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
春川市議会が「精密医療のビッグデータ規制自由特区」指定を呼びかけ
作成日
2021.05.12
ヒット
35

聨合ニュースによると、


【春川聯合ニュース】イ・サンハク記者=江原道春川市議会によると、医療データを活用した研究と開発、商用化が行われるよう精密医療ビッグデータ規制自由特区の指定を求めたと4日明らかにした。

春川市議会のパク・ジェギュン議員が代表発議して可決された建議文で、「江原道は精密医療ビッグデータ産業メッカ育成を目指してビッグデータを活用したベンチャー・創業企業200社を誘致するプロジェクトを推進している」とし、「春川は半径20km内に多くのデータセンターが運営されるビッグデータの最適地域」と明らかにした。

また「春川で水熱エネルギー融合クラスター造成事業が予備妥当性調査を通過し、江原型ニューディール代表事業に投資先導地区に指定されたが、データ3法の改正後、産業的価値が高い医療関連データを活用した研究と開発には制約がある」と提案の理由を説明した。

パク議員は、「江原精密医療ビッグデータ産業規制自由特区の指定を通じて、地域均衡発展とデータ産業と精密医療産業の育成が可能になることを期待している」と述べた。

春川市議会は建議文を各関係省庁に発送した。

hak@yna.co.kr
<著作権者(c)聨合ニュース。無断転載・再配布禁止。>

原文記事
出所:聨合ニュース(2021.5.4)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。