本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
東自庁‐江原道観光財団、観光事業活性化に向け業務協約締結
作成日
2021.05.18
ヒット
19

聨合ニュースによると、


【東海聯合ニュース】イ・ヘヨン記者=東海岸圏経済自由区域庁(以下、東自庁)が観光商品の開発などを推進するため、江原道の観光財団と協力する。

東自庁は12日、東自庁の大会議室でシン・ドンハク庁長、カン・オキ江原道観光財団代表理事らが出席して、東海望祥地区観光活性化のための業務協約を締結した。

双方は望祥地区観光投資誘致活性化のための説明会開催、観光産業分野の潜在投資家・投資誘致情報の共有、観光商品開発など望祥地区観光産業活性化に向けて協力することにした。

今回の協約を機に、東自庁と江原道観光財団は、実務協議タスクフォースを稼動する計画だ。

シン庁長は、「江原道観光財団と有機的な協力システムを構築して、望祥地区への投資誘致を加速化し、観光活性化のための統合マーケティングシステムを構築したい」と説明した。

dmz@yna.co.kr
<著作権者(c)聨合ニュース。無断転載・再配布禁止。>

原文記事
出所:聨合ニュース(2021.5.12)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。