本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
原州革新都市の映像コンテンツソフトウェア振興施設が拡大
作成日
2021.06.30
ヒット
26

聨合ニュースによると、


【原州聯合ニュース】キム・ヨンイン記者=江原道原州革新都市に設立される映像コンテンツソフトウェア振興施設の規模が大幅に拡大される。

原州市によると、盤谷洞革新都市内の産・学・研クラスター敷地に建設を推進中の映像コンテンツソフトウェア振興施設を建築許可の変更を通じて、地下4階、地上20階に建築面積6千706.79㎡、延べ面積6万6千404.26㎡規模で設立すると6月29日明らかにした。

市はこれに先立ち、昨年1月、最初の建築許可当時にはA棟(地下1階、地上4階)とB棟(地下2階、地上11階)の2棟に分けて建築面積5千925.69㎡、延べ面積3万1千507.62㎡規模で設立する予定だった。

今回の建築許可の変更で、建築面積は13%以上、延べ面積は2倍以上増えた。

2023年上半期の完成と同時に、科学技術情報通信部からソフトウェア振興施設に指定されれば、首都圏に集中されてきた映像ソフト専門企業などが多数移転する予定だ。

原州市の関係者は、「デジタル映像コンテンツ制作のインフラ構築とソフトウェア専門家の養成および持続的なソフトウェアスタートアップの発掘など地域の映像コンテンツ産業の発展に核心的な役割を果たすものと期待している」と述べた。

kimyi@yna.co.kr
<著作権者(c)聨合ニュース。無断転載・再配布禁止。>

原文記事
出所:聨合ニュース(2021.6.29)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。