本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
来年オープン予定のレゴランド 英マーリン社の投資額は現在まで905億ウォン
作成日
2021.07.07
ヒット
38

聨合ニュースによると、


【春川聯合ニュース】イ・ジェヒョン記者=来年上半期にオープン予定の春川レゴランドテパマークの造成事業が大詰めに向かうにつれ、英国マーリン・エンターテイメンツがこの事業に直接投資した金額は2千200億ウォンの41%に当たる905億ウォンであることが分かった。

江原道によると、外国人直接投資事業として推進しているレゴランド・テーマパーク造成事業に英国のマーリン・エンターテイメンツが直接投資した金額は、今年6月現在で905億ウォンだったことを6月30日に明らかにした。

これは、同社が投資することにした2千200億ウォンの41%に当たる。

道とマーリン・エンターテインメンツは、レゴランド・テーマパーク第1段階事業に合計3千億ウォンを投入することを決めた。

このうち、800億ウォンは江原道出資機関である江原中道開発公社(GJC)がすでに投資した状態だ。

残りの2千200億ウォンはマーリン・エンターテインメンツが投資する予定だ。

残りの投資金額である1千295億ウォンは、テーマパーク施設が完成により資本金増資の形で増額されると、道は説明した。

また、総事業費3千億ウォンのうち、テーマパーク施設などに約2千400億ウォンを発注し、設置していると明らかにした。

残りの600億ウォンは、運営システムの設備や造形物などでオープン前までに発注して仕上げる計画だ。

また、レゴランド・コリア・リゾート(LLKR)に入る建物56棟の設立がほぼ完工したことが把握された。

アトラクション19棟のうち、レゴランド・ホテルの内部に設置される1棟を除き、全てのアトラクション施設の設置が完了した。

レゴランド・コリア・リゾートの人材採用も順次行われている。

現在まで採用された正社員は24人で、今年中に130人以上を追加で雇用する計画だ。

来年のオープンまで必要人材である1千200~1千600人の人材採用のため、大学連携人材養成履修課程も10月から施行する予定だ。

チェ・ムンスン江原道知事は、「レゴランドが来年上半期に本格的にオープンするよう、徹底的に点検して準備する計画」と述べた。

jlee@yna.co.kr
<著作権者(c)聨合ニュース。無断転載・再配布禁止。>

原文記事
出所:聨合ニュース(2021.6.30)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。