本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
三陟市、1日に1トン生産規模の水素抽出設備を構築
作成日
2021.08.25
ヒット
13

聨合ニュースによると、


【春川聯合ニュース】イ·ジェヒョン記者=新型コロナウイルス感染拡大の長期化「広域豆満開発計画(GTI)国際貿易・投資博覧会」(以下、GTI博覧会)を今年もオンラインで開催する。

江原道によると、10月14日から17日まで原州ダンシング劇場で開催予定の「第9回GTI博覧会」をオンラインに転換すると4日に明らかにした。

コロナ禍の拡大や変異株などの影響でオフラインイベントの開催が難しいと判断した。

デジタルスタジオなど、これまで積み重ねてきたノウハウがある上、メタバースと結合した博覧会フラットフォームを通じ、オンラインに集中するのが有効だという組織委員会の意見を受け、オンライン開催を決定した。

昨年の第8回GTI博覧会もオンラインに転換し、53億ウォンの売上高を記録し、今年も記録を続けるという覚悟だ。

このため、時空間を超えた「年中無休博覧会」の場合、オンラインプラットフォームの高度化とともにメタバースの特徴・長所を組み合わせた仮想展示館を導入することにした。

輸出商談には国内で初めてAI通訳・翻訳システムを導入する。

既存のオンライン画像商談システムとは差別化されたものである。

国内外のバイヤー300人以上をオンライン空間に招待し、道内企業と一対一非対面輸出商談を推進する。

また、国内有望MD約30人を招待し、道内の中小企業製品の購入商談を展開し、中小企業製品のデパートなど、大手流通会社への入店機会を提供する。

道庁内に設置されたグローバルデジタルスタジオや博覧会スタジオ、国外現場などの多次元プロモーションなどを通じて、輸出と国内販売、「二兎」を追う様々なプログラムも実施する。

チェ・ギチョル江原道中国通商課長は、「メタバースとAI通訳・翻訳システムを結合したプラットフォーム開発を通じ、道内企業の売上を極大化する『大ヒットオンライン博覧会』になるように着実に準備していきたい」と説明した。

jlee@yna.co.kr
<著作権者(c)聨合ニュース。無断転載・再配布禁止。>

原文記事
出所:聨合ニュース(2021.8.10)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。