本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
原州市、190憶ウォンを投じてエコ・デジタル・ヘルスケア産業支援センターを設立
作成日
2021.09.27
ヒット
11

聨合ニュースによると、


【原州聯合ニュース】キム・ヨンイン記者=先端医療機器産業のメッカである江原道・原州市に、「エコ・デジタル・ヘルスケア産業支援センター」が設立される。

原州市によると、医療機器産業の発展のために推進する「エコ・デジタル・ヘルスケア産業支援センター」の設立事業が環境部の漢江流域環境庁が主管する「2022年エコクリーン事業」に選ばれたと14日明らかにした。

エコクリーン事業は、水質汚染を最小限に抑えながら持続可能な地域発展を誘導する事業として、漢江水系の環境汚染の低減とともに地域経済を活性化できる事業を支援する。

原州企業都市内の医療機器総合支援センターに設立されるセンターは、漢江水系基金112億ウォンを含む計190億ウォンを投入し、地下1階、地上5階の規模で設立される予定だ。

来年1月に設計に入り、2025年上半期に竣工する予定だ。

ここには企業の入居空間とデジタルオープンラボ、企業支援施設、広報体験館などを構築する。

ウォン・チャンムク原州市長は、「センターの完工により、デジタルヘルスケア産業の革新拠点として役割を果たすことを期待している」と述べた。

kimyi@yna.co.kr
<著作権者(c)聨合ニュース。無断転載・再配布禁止。>

原文記事
出所:聨合ニュース(2021.9.14)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。