本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
光州、「国家AI革新拠点」に造成 地域別の中心事業とAI融合
作成日
2021.11.03
ヒット
19

聨合ニュースによると、


【ソウル聯合ニュース】チョ・ソンフム記者=政府は、地域経済の再び跳躍するために人工知能(AI)基盤の革新エンジンを全国に拡大する戦略を本格化する。

光州に造成中の人工知能集積団地を「国家人工知能革新拠点」として高度化し、全国各地域の特徴と強みを生かしてAIと当該地域の主力産業を融合する大型プロジェクトを推進することにした。

科学技術情報通信部(科技情通部)によると、第25回4次産業革命委員会会議で17の市・道と関係機関が協力してこのような内容を盛り込んだ「人工知能地域拡散推進方向」を確定されたと10月28日に発表した。

今回の計画の3大戦略は、▲光州人工知能集積団地を国家AI革新拠点として高度化し ▲先導事業として地域別の特徴と強みを基にした大型事業を企画し ▲特化融合を目指してAIと地域別の主力産業の融合を拡大することだ。

湖南地域は最先端国家AI革新拠点として発展できるよう、現在構築中のデータセンターや実証装備などのインフラを拡充する。

データダムなどの大規模データとクラウドを連携し、AI製品・サービスのワンストップ開発拠点として開発する。

特化融合課題として、新・再生可能エネルギー、農食品製造・加工などとAI融合モデルを開発する。

忠清道地域は、豊富な研究基盤を活かした大型AI融合技術の研究開発を先導事業の推進方向と定め、政府出資研究所中心の融合研究と開放型研究環境づくりを推進する。

特化融合課題としては、自動運転車AIの開発や実証、バイオ分野の新薬候補物質分析などとのAI融合が取り上げられた。

嶺南地域は製造産業の集約地として、超広域物流・製造融合クラスターの造成を目指して事業を展開する。

物流の全過程にAIと知能型ロボットを適用し、老朽化した産業団地・工場のデジタル化を支援する。

特化融合では、製造産業の生産管理の最適化、都市安全分野のAIサービスを開発する計画だ。

江原道は保健・医療データ中心のデジタル革新サービス拡大に取り組む。

先導事業として、データの安全な加工と活用環境づくり、住民などを対象とした革新的サービスを開発する。

デジタル観光サービス、グリーンエネルギーの生産・管理にAI融合を推進する予定だ。

済州道はAI新サービス実証生態系の造成を先導事業の推進方向に決定した。

これを受け、全国各地で開発されるAI新技術の実証環境を造成し、地域の懸案を解決するためのデジタル公共サービスを開発する。

最適型観光サービスと越冬作物の生育管理にAIを融合させる。

首都圏は、民間主導で人工知能グローバル化の拠点として発展できるよう、政府が制度改善を後押しすることにした。

京畿道と仁川は、バイオやメディアなどの分野でAIを融合させる特化融合課題を推進する。

科学技術情報通信部のイム・ヘスク長官は、「地域とのコミュニケーションをさらに強化しクリエイティブな人工知能融合・拡大課題を展開して地域が新たな成長動力を確保し、地域経済を革新するよう積極的に支援する計画」と述べた。

josh@yna.co.kr
<著作権者(c)聨合ニュース。無断転載・再配布禁止。>

原文記事
出所:聨合ニュース(2021.10.28)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。