本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
60兆ウォン投入、5つの超広域圏未来発展戦略を提示
作成日
2021.11.23
ヒット
56


 


韓国政府が生産誘発効果約119兆ウォン、75万人の新規雇用創出が見込まれる5つの超広域圏の発展総合計画を確定した。

国土交通部によると、2030年まで5つの超広域圏の未来発展戦略を提示する海岸・内陸圏発展総合計画の変更案を国土政策委員会の審議を経て確定したと17日明らかにした。

6つの超広域圏のうち、昨年に変更を完了した南海岸圏を除いた東海岸圏、西海岸圏、内陸先端産業圏、白頭大幹圏や大邱・光州連携協力圏など5つの圏域がその対象だ。

今回の変更案は、圏域別に当該の広域・基礎地方自治団体が協力して今後10年間の新たなビジョンや発展戦略を模索し、必要な推進事業を直接発掘する内容を盛り込んでいる。

水素経済ベルトの造成(東海岸圏)、バイオ・スマートモビリティのクラスタ構築(西海岸圏)、情報通信技術(ICT)・人工知能(AI)融合産業支援(内陸先端産業圏)、生態保存と観光産業の活性化(白頭大幹圏)、東西和合中心の文化・観光・人的資源協力(大邱・光州連携協力圏)など地域別の特性を反映して革新成長動力を確保するための事業が多数反映された。

発掘された事業は計577件で総事業費は約60兆ウォン。

投資額による生産誘発効果は118兆9418億ウォン、付加価値誘発効果は48兆8140億ウォン、75万623人の雇用創出効果が期待される。

国土部のベク・ウォングク国土政策官は、「今回の総合発展計画は超広域的自治体協力のケースとして、地域間交流の増大と同伴成長などを通じて国土均衡発展に大きく貢献することを期待している」とし、「各圏域が革新成長基盤を造成して、新たな経済発展の軸として成長するように積極的に支援する計画」と説明した。

原文記事
出所:ニューシース(2021.11.17)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。