本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
江原道、未来クリーンエネルギー人工太陽を早期商用化開始
作成日
2021.12.29
ヒット
55

聨合ニュースによると、


【春川聯合ニュース】イ・へヨン記者=江原道が未来のクリーンエネルギーである人工太陽の早期商用化を通じ、新成長動力を確保するための活動を開始した。

道は、今月20日、春川世宗ホテルで春川市、江原大学、韓国科学技術情報研究院(KISTI)と「人工太陽拠点センター・GPU(グラフィックコントローラ・Graphic Processing Unit)センター設置」のための業務協約式を開催した。

今回の協約締結を受け、江原大学は来年1月から人工太陽拠点センターを開設し、重要技術の研究開発を本格的に推進することにした。

韓国科学技術情報研究院は、ギガGPUセンター設置を通じたデータ基盤の研究開発の高度化をサポートする。

道と春川市は、事業のコントロールタワーの役割と行政支援を約束した。

これらの機関は、国家人工太陽研究団地造成事業にも共同協力することにした。

道は、この日人工太陽クラスター造成事業の最終報告会も開催し、未来先端産業都市に進むためのビジョンを発表した。

このため、2025年まで人工太陽クラスター産業を育成するための研究を重点的に推進する。

2035年まで道内を人工太陽研究の中心地として育成するための商用化拠点を設置することにした。

その後、人工太陽産業生態系の高度化を通じてエネルギー自立型都市と炭素ゼロ産業団地を造成する予定だ。

道は主要プロジェクト別の実行ロードマップをまとめて中長期施行計画を策定する方針だ。

チェ・ムンスン江原道知事は、「今回の協約を機に、韓国型人工太陽商用化の早期推進と炭素ゼロ社会の実現をリードしていきたい」と述べた。

kimyi@yna.co.kr
<著作権者(c)聨合ニュース。無断転載・再配布禁止。>

原文記事
出所:聨合ニュース(2021.12.20)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。