本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
東海市、グリーン都市づくりに向けた34つの重点推進課題選定へ
作成日
2011.02.14
ヒット
435
제목 없음

聯合ニュースによると、

江原道・東海市は今年、グリーン都市づくりに向けて34つの重点推進課題を選定し、本格的に進めることにした。市が5日に明らかにした。

市は今年、家庭や企業から排出される温室効果ガスを削減するために炭素中立プログラム実践キャンペーン、炭素ポイント加入世帯の拡大、公共機関の炭素排出権取引制及び産業分野における温室効果ガス目標管理制などを積極的に推進する計画だ。

また、新・再生可能エネルギー使用の裾野拡大のため、天然ガス車の普及、グリーンホーム及び公共ビルの太陽熱システム拡充などの事業を重点的に進めることにした。

これと共に、地域の新成長動力を創出するため、グリーン産業としてバイオエネルギー生産プラント及び研究団地の造成、先端基礎科学研究センターの誘致に取り組む方針だ。

国家自転車道路網連結事業とグリーン景観道路を拡充するほか、緑の公園の造成、生態河川の復元、生命健康体験団地の造成などを通じ、グリーン都市造成に拍車をかける。

また、緑の生活が各家庭や学校、企業などで実践できるよう、道内34の機関及び団体が参加したグリーンスタートネットワークの活動を強化するとともに、緑の生活実践キャンペーン展開など市民の意識向上事業を併行して進める予定だ。

市はこれに先立ち、気候変動による地球温暖化とエネルギー・資源枯渇の危機に能動的に対応するため、気候変動対応TFの構成、グリーンスタートネットワークの構築、温室効果ガス排出量の算定、グリーン成長の基本条例制定など積極的に取り組んできている。

記事原文

出所:聯合ニュース(2011.02.05)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。