本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
韓中日を一周する体験観光が実現
作成日
2012.08.07
ヒット
197
제목 없음

聯合ニュースによると、

未来高速-中国の不夜城旅行社、釜山で業務協約
毎年1万人の中国人観光客の釜山訪問に期待

中国-日本-韓国の海上ルートを活用して三国を一周する体験型観光が実現する。

釜山~福岡の旅客船を運航する未来高速()6日午後、釜山港国際旅客ターミナルで中国上海の旅行最大手の不夜城旅行社と「韓中日海上ルート観光商品」に関する業務協約を締結した。

両社は韓中日の海上ルートを活用した78日の日程で構成される観光事業のために緊密に協力することに合意した。

この旅行商品は国家間の移動は海上ルートで、国家内の移動は陸上の交通手段によって行われる。

旅行ルートを見ると、中国の上海を出発して船便で日本の九州に到着し、現地で観光してから未来高速所属のKOBEE号で釜山に到着する。釜山観光後はKTXでソウルに移動して観光し、仁川で旅客船に乗って中国の青島を経て陸上の交通手段に乗り換えて上海に帰る日程になっている。

両社はまず、一回に80人前後の中国人観光客を対象にこの旅行商品を進めて、船を年間約150回ほど運航する予定。こうすると、1年間で約1万人の中国人が釜山を訪れる。

現在も多くの中国人観光客がクルーズ船を利用して釜山を訪れているものの、釜山での滞在日程が短い上船舶内に滞在する人が多いため、体験型観光を楽しむのは難しかった。

一方、海上ルートを活用したこの観光商品では中国人観光客が韓国に滞在する時間が長く、釜山が単なる寄港地でしかないクルーズ船舶より経済誘発効果が大きくなるとの予想も出ている。

未来高速のチュ・ヨンギル代表理事は「釜山~福岡の海上ルートを利用した旅行商品の開発で年間約1万人の中国人が韓国を訪れると期待している」とし、「釜山港がグローバルな観光港湾に跳躍するためには、釜山市や釜山港湾公社などの関係機関の支援が切実に求められる」と話した。

原文記事

出所:聯合ニュース(2012.08.06)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。