本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
江原、投資誘致50兆8千億 年実績で「最高」
作成日
2012.10.24
ヒット
234
제목 없음

聯合ニュースによると、

国内外75社誘致、約16千人を雇用計画

江原道は今年、75社の企業と投資協約を行い、508103億ウォンを誘致したことがわかった。

国内企業44社、外国投資企業31社などで、新規雇用計画は16235人となっている。

道は24日、こうした雇用と投資規模は今年の誘致目標を超過達成しており、一年の誘致実績としては最も高いことを明らかにした。

投資規模とい地域住民の雇用創出効果が大きい発電業と中・大規模の企業を重点的に誘致したことが成果の背景となった。

業種別には製造業23社、食品加工業15社、非鉄金属7社、発電業6社、医療機器・製薬4社、自動車部品3社、その他17社など。

道内地域別の誘致状況を見ると、東海岸圏経済自由区域と自由貿易地域がある東海地域が30社で最も多く、江陵(9)、寧越(7)、三陟(6)などが続いた。

三陟は発電業の誘致で雇用(10280)及び投資規模(473378億ウォン)が最も高く、続いて東海(1650人、23388億ウォン)と寧越(1281人、2430億ウォン)の順となった。

投資規模は発電業が計96.4%(489811億ウォン)で最も高い割合を占めている。

次に食品加工業が1.3%(6646億ウォン)、製造業が0.6%(3264億ウォン)の順で続く。

雇用創出効果も発電業が61.6%(1万人)で最も割合が高く、食品加工業10.9%(1781)、非鉄金属9.5%(1554)、製造業8.8%(1432)などが続いた。

また、50人以上の中・大規模の企業は34社で、その雇用計画は15612人に達し、全体の96.1%を占めた。

従業員が300人以上の企業は11社で、100299人は7社、5099人は16社に達した。

今後、道は誘致企業別担当者を指定することで早期投資を誘導する一方、地域住民の優先雇用、地域建設会社の参加、道内生産製品の使用をい誘導することで経済活性化を図る計画。

また、市・郡別に安定的な成長を牽引するアンカー役となる中堅企業の誘致に重点を置いて取り組む方針だ。

国内にUターンする企業の誘致にも積極的に取り組み、11月と12月に中国と米国でそれぞれ投資説明会を行う予定。

原文記事

出所:聯合ニュース(2012.10.24)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。