本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
江原、輸出目標の150ドルを2020年に早期達成すると宣言
作成日
2012.12.12
ヒット
231
제목 없음

聨合ニュースによると、

原州で「第49回江原貿易の日」記念式

韓国貿易協会江原支部は11日、原州インターブルゴホテルで第49回江原貿易の日の記念及び輸出振興前進大会を開催し、企業関係者と輸出支援に努めた関係機関従事者に「輸出の塔」記念牌と表彰を授与した。

また、道の輸出を跳躍させるための「江原輸出ビジョン宣言文」を発表した。

この記念式で、原州のヌガ医療器は「7千万ドルの塔」を授与された。同社は昨年、「5千万ドルの塔」を授賞された。

主な輸出品目は個人用低周波調合刺激器とX線撮影装置で、今年は8260万ドル規模を輸出した。

道内で韓国貿易協会の「7千万ドルの塔」を授賞した企業が搭乗したのは今回が初めて。

自動車部品の生産・輸出を行なっている原州のKAC社は、昨年に「5百万ドルの塔」授賞に続き、今年は「1千万ドルの塔」を授与された。

江原道のパク・イボム教授は産業表彰を、KMのキム・ソッキョ社長は国務総理表彰を受けるなど、19社の企業と48人の輸出有功者が褒賞を受けた。

授賞式後には2020年に輸出150億ドルの早期達成に向けた「江原輸出ビジョン宣布式」が続いた。

企業及び輸出関係機関の代表などは宣言文を通じ、「持続的な研究開発により輸出商品の競争力を強化し、道の製品(企業)が世界トップになるように積極的に努力し、2020年に輸出150億ドルを達成する」と決議した。

同日の記念式には、チェ・ムンスン道知事と地域の経済界関係者が大勢出席して輸出企業を激励した。

チェ知事は祝辞で、「2020年に輸出150億ドルを達成するため、道内の輸出支援関係機関との支援体系を強化し、海外マーケティングなど様々な事業を支援する」とし、「道内輸出企業もグローバル市場を開拓する情熱と技術力に基づき、道が誇るトップ企業に成長してほしい」と話した。

チェ知事は授賞式の前に、道内の主要輸出企業関係者らと懇談会を通じて隘路事項を聞き、授賞式後は原州台庄農工団地内のコステックとケアテックを訪れて関係者などを激励した

原文記事

出所:聨合ニュース(2012.12.11)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。