本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
江原道-OCI、二次電池素材の生産開発に関する投資協約
作成日
2013.03.14
ヒット
231
제목 없음

聨合ニュースによると、

道の技術開発による大企業の投資誘致に初の成功

江原道は12日、グリーンエネルギー専門企業のOCIと道庁で二次電池素材の生産開発に向けた投資協約を締結した。

今回の協約は江原道の技術開発と移転、大企業の常用化が好循環を成した代表的な成功ケースとして評価されている。

道が戦略産業として育成している鐵原プラズマ産業技術研究院は最近、二次電池生産製品の中核物質であるナノシリコンを量産できる技術を開発した。

協約により、この技術はOCIのナノシリコンスラリー(Sluury)特化技術と融合し、今後二次電池用素材の生産技術を共同開発する。

OCIは競争力のある素材を大量生産するため、まずパイロット(Pilot)生産技術の開発に取り組む一方、大規模生産工場を鐵原地域に設立するなど製造業に対する投資を拡大していく計画。

二次電池事業は次世代動力産業の中で最も注目を集めている分野で、従来の使い捨ての一般電池とは異なり、再充電を通じて半永久的に使うことができるグリーン成長産業。

素材生産開発事業も、高付加価値の産業として大規模のグローバル企業が競って研究開発(R&D)事業に参加している分野として業界から注目を集めている。

2020年には30兆ウォン以上の市場になると見込まれている。

チェ・ムンスン知事は「新成長動力産業の本格的な発展基盤を構築したことに意味がある」とし、「今後研究開発(R&D)事業に対する積極的な投資支援を行っていく」と話した。

それを受け、道は今後低炭素グリーン成長のような産業環境に積極的に対応できるエネルギー素材分野の開発を拡大する計画。

企業の開発費削減、新製品の早期開発などで地域の専門家が積極的に参加し、関連企業の能力を強化させるグローバルクラスターを造成する方針だ。

OCIは太陽光産業の中核原料とされるポリシリコン分野のグローバルリーダー企業で、最近米テキサス州で「太陽光発電所アラモプロジェクト」の起工式を行うなど、持続可能な成長分野における新規市場の開拓で世界トップの企業とされている。

原文記事

出所:聨合ニュース(2013.03.12)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。