本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
江原道内の伝統市場、外国人観光客で賑わう
作成日
2013.04.11
ヒット
214
제목 없음

ニューシースによると、

江原道内の伝統市場に外国人観光客の訪問が相次いでいる。

江原道によると、春川と草束地域の市場商人らと旅行会社を通じて伝統在来市場を訪れる外国人観光客数を把握した結果、春川浪漫市場(中央市場)の場合は1日に平均約500人、束草観光水産市場と大浦港水産市場にも約200人に及ぶ外国人観光客が訪れていることがわかった。

旌善五日市場にも団体観光客と個別旅行客(FIT)の訪問が相次いでおり、1ヶ月平均で約100人以上が訪れていると調査された。

特に、春川浪漫市場と明洞では近くでタッカルビ(鶏カルビ)の店を探す外国人観光客が1時間以上の買い物を行い、地域経済の活性化に大きく貢献している。

そのため、一部の商店では外国語の会話ができる従業員を雇用し、外国人観光客の誘致に積極的に乗り出している。

外国人観光客は台湾や中国、タイ、香港とマレーシア辺りから訪問しており、主に化粧品や靴、服、時計、果物、食品類などを購入している。

チェ・グァンチョル文化観光体育局長は、「上半期に春川浪漫市場を主な目的地にした新たな観光商品を開発する計画」とし、「特色のある伝統在来市場を外国人観光客の訪問コースに入れ、外国人観光客が伝統市場の活性化に寄与できるようにする」と話した。

一方、5日と6日に中国大手企業から約900人の役職員が団体観光客で訪問予定となっており、明洞は外国人で込み合うと見られる。

原文記事

出所:聨合ニュース(2013.04.05)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。