本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
アルペンシアと経済自由区域、投資誘致に拍車
作成日
2013.05.14
ヒット
279
제목 없음

ニューシースによると、

江原道の課題とされてきたアルペンシアと経済自由区域に対する投資誘致に拍車がかかると見られる。

江原道のチェ・ムンスン知事は10日、在日本大韓民国民団(以下、「民団」と言う)を訪問してオ・ゴンテ団長と会談を行い、民団の財界関係者によるGTI博覧会への出展及びアルペンシアと経済自由区域に対する積極的な投資を求めたと江原道は13日に明らかにした。

会談でオ団長は、代表団を構成してGTI博覧会に出展する計画を明らかにし、1998年に第13回冬季オリンピックを開催した長野県と江原道の交流を通じて冬季オリンピックの開催に関するノウハウを共有することを提案した。

また、チェ知事は世界韓人商工人総連合会(以下、「世界韓商」と言う)を率いるマルハングループのハン・チャンウ会長を訪れ、GTI博覧会を成功させるための方策について協議を行った。ハン会長はGTI博覧会の成功に向け、民団の財界関係者など世界韓商から多く参加できるように努力することを約束した。

特に、世界韓商のヤン・チャンヨン事務総長は「これまでは立ち遅れた地域を中心に支援活動を展開してきており、ハン会長が組織委員長を勤めることをきっかけに、国内では立ち遅れた地域に含まれる江原道に世界韓商が関心を持ち続けるよう努力していく」と話し、江原道の課題とされるアルペンシアと経済自由区域に対する投資誘致に拍車がかかると機体されている。

東北アジアでは初めて69日~12日に江原道で開催されるGTI博覧会は、約10カ国から450社の企業が出展を決めており、他の自治体で約100社、海外から約60社が出展する。国内からは3700のバイヤーが参加する。

原文記事

出所:ニューシース(2013.05.13)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。