本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
太白市、先端エネルギークラスター造成
作成日
2013.05.23
ヒット
211
제목 없음

ニューシースによると、

江原道太白市は22日、政府が「グリーンエネルギー産業発展戦略」の一環として石炭を活用したグリーンエネルギー技術開発を推進していることを受け、石炭を活用した先端エネルギークラスター造成事業に取り組むことを明らかにした。

主な事業内容は、石炭を活用したプラズマクリーン発電所の建設(PE-IGCC)、クリーン石炭CTL実証プラントの造成、国家水素融合第2研究所及びでもデモプラントの誘致、大学や研究施設の誘致及びエネルギー分野の人材育成基盤造成などとなる。

この事業は今年から2020年まで8年間、2,219億ウォンの総事業費を投入して段階別に推進される。

太白市は事業を推進するために産業通商資源部、江原道、韓国エネルギー技術研究院など国策研究所、企業などとコンソーシアムを構成する計画。

特に、江原道のチェ・ムンスン知事が来月17日に太白市を訪問し、地域住民を対象に事業説明会を開催する予定。

太白市の関係者は、「先端クラスター造成事業の推進により、地域の無煙炭を活用したクリーンエネルギー産業の育成と雇用創出など地域経済の発展に寄与することが期待される」と話した。

原文記事

出所:ニューシース(2013.05.22)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。