本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
江原、廃鉱地域の文化産業育成に2114億投入
作成日
2013.05.24
ヒット
202
제목 없음

ニューシースによると、

江原道の廃鉱地域4ヵ所に文化産業を育成するため、2015年まで2114億ウォンが投入される。

産業通商資源部は23日、江原道庁別館4階の大会議室で行われた「地域経済の活力向上に向けた政策討論会」の政策発表を通じ、廃鉱地域に文化産業を育成するために2015年まで2114億ウォンを投入するなど、江原地域経済の活力向上を競争力強化のために主要事業を支援することを明らかにした。

まず、将来に江原道を率いる地域産業として先導産業と4件のプロジェクト(医学生命バイオ、電子医療機器、ヘルステインメント、セラミック非鉄素材部品)を育成するため、来年まで計615億ウォンを投入する予定。

また、東海岸自由貿易地域に工場及び寮を構築するために今年170億ウォンを投入する予定で、地域投資補助金の効率的な運営を通じて地域の雇用創出を推進する計画。

特に、廃鉱地域の活性化に向け、代替産業の誘致を通じた新規雇用の創出と三陟市のガラス造形文化観光テーマパーク造成事業など江原道の廃鉱地域4ヵ所に対する文化産業育成に2015年まで2114億ウォンを投入する。

その他、江原地域に安定的なエネルギー供給基盤を構築するため、江原地域4村の電気供給に25700万ウォンを支援し、都市ガスの供給を拡大していく予定。

さらに、2018平昌冬季オリンピックの成功に向けて国内外の投資誘致及びマーケティングを支援し、環境オリンピックを目指してグリーン技術を活用した先端技術基盤のオリンピックを開催するため、IT基盤のユビキタス環境を提供する計画。

この日の討論会には産業通商部のソン・シホン技術標準院長、江原道のキム・サンピョウ経済副知事、江原テクノパークのキム・インギョ院長及び管内の関係機関、大学、企業の関係者など約70人が参加した。

原文記事

出所:ニューシース(2013.05.23)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。