本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
IOC、平昌オリンピックの準備状況を点検
作成日
2013.06.19
ヒット
211
제목 없음 IOC, 평창동계올림픽 준비 상황 점검

 

聨合ニュースによると、

1819日、平昌アルペンシアで16分野を評価

国際オリンピック委員会(IOC)2018平昌冬季オリンピックの準備状況の点検に乗り出した。

IOC平昌冬季オリンピック調整委員会は1819日に江原道平昌で合同会議を開き、16分野にかけてオリンピック準備状況の評価に突入した。

IOCが平昌オリンピックの点検を行うのは昨年3月に続いて2回目となる。

IOCの平昌冬季オリンピック調整委員会は、グニラ・リンドバーグ委員長など13人で構成されている。

IOC事務局の職員を含め、13人のオリンピック専門家も同行した。

スウェーデンのIOC委員であるリンドバーグ委員長は、2011年に平昌が冬季オリンピックを誘致するためにドイツのミュンヘン、フランスのアヌシーと競走していた当時にIOC評価委員長を務めていた人物。

平昌組織委員会を代表してキム・ジンソン委員長と文化体育観光部のユ・ジンリョン長官、大韓体育会(KOC)のキム・ジョンヘン会長、江原道のチェ・ムンスン知事などが答弁を行う。

IOC調整委員会は初日の18日に労働力、組織委員会の構造、競技、施設、技術、遺産の分野を取り上げる。

19日にはマーケティング、宿泊、輸送、エネルギー、文化、環境・持続可能性、財政、パラリンピックなどの推進計画などを評価する。

リンドバーグ委員長は19日午後、平昌アルペンシアコンベンションセンターで記者会見を開き、評価結果を発表する予定。

原文記事

出所:聨合ニュース(2013.06.18)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。